> コラム > 地域新電力の地域経済効果 ~ 地域の利益を出す3つのポイント ~
環境エネルギー都市 最新事例

地域新電力の地域経済効果 ~ 地域の利益を出す3つのポイント ~

 印刷 記事を保存

地域の再生可能エネルギーなどを電源として、地域を限定して電気供給を行う「地域新電力」の設立が全国で相次いでいます。一橋大学・朝日新聞等の共同調査では、自治体が出資等で関与するものだけで31社が設立済み、86自治体が検討中とされています。

この地域新電力を設立する自治体の多くは、エネルギーの地産地消により地域でお金を回すこと(地域の利益)を目的に掲げています。そこで、京都大学等のプロジェクトにおいて、地域新電力でどれだけ地域にお金が回るのか、定量的に分析を行いましたのでご紹介します。

(※全文:2656文字 画像:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

この記事の著者

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ