> コラム > 土地造成から考える太陽光発電所、収益ロスのリスク回避策

土地造成から考える太陽光発電所、収益ロスのリスク回避策

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

大正12年の創業から、電気工事一筋に90余年の歴史を持つ東光電気工事。EPCとして数多くの太陽光発電を手がけてきたほか、東北においてはSPCとして3つのメガソーラーの建設、運営に携わっている。FIT以前から太陽光にかかわってきた老舗が見る、『土地』のメンテナンスの重要性とは。

(※全文:2146文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ