> コラム > パワコンメーカーが考える商機「再エネ継続のカギは海外に」
新市場を切り拓く

パワコンメーカーが考える商機「再エネ継続のカギは海外に」

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

シリーズ「新市場を切り拓く」第1回。買取価格の低下やそれに伴う初期投資コストの低減の動きなどを受け、日本の太陽光関連事業を取り巻く環境は一段と厳しさを増している。この大競争時代を勝ち抜き、再エネ事業を持続・拡大していくための戦略として田淵電機が掲げるのが海外進出である。海外市場で磨いたコスト競争力を武器に、国内ではパワコン&蓄電池による自家消費モデルの普及や通信での商機を狙う。

(※全文:2440文字 画像:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

新市場を切り拓く バックナンバー

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ