> > 埼玉りそな銀行、太陽光発電と省エネ導入を支援する個人向けローンを開始

埼玉りそな銀行、太陽光発電と省エネ導入を支援する個人向けローンを開始

記事を保存

埼玉りそな銀行は、埼玉エコタウンプロジェクト「電力自活住宅等普及促進事業補助制度」に賛同し、地元金融機関として太陽光発電設備の導入を支援するため「埼玉りそなソーラーローン(無担保型)」の取扱いを9月3日より開始する。

同商品は、埼玉県の「電力自活住宅等普及促進事業補助制度」の助成を受けて、個人顧客が自宅に設置する太陽光発電設備と、それに伴う省エネ対策の導入資金を融資対象としたもの。通常のリフォームローンよりも低い金利水準で取り扱い、担保・保証人が不要であることが特長。融資金額は、10万円以上1000万円以内(1万円単位)。融資期間は、1年以上15年以内(1年単位)。借入利率は、変動金利2.350%。返済方法は、毎月元利均等返済。

なお、利用時には埼玉県が実施する補助金の決定通知書が必要となる。対象となる導入機器は下記の通り。

【平成24年度 電力自活住宅等普及促進事業補助制度】(~2012年12月14日まで) 太陽光発電システム、LED照明、高効率空調機、高効率冷蔵庫、強制循環型太陽熱利用システム、地中熱利用システム、エコウィル、エネファーム

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.