> > 広島銀行、太陽光発電事業の専用融資を開始 企業へのサポート体制強化

広島銀行、太陽光発電事業の専用融資を開始 企業へのサポート体制強化

 印刷 記事を保存

広島銀行は、太陽光発電設備に関する資金需要の増加にあわせて、ニーズの高い中小規模設備案件(1MW程度までの太陽光発電設備)に対し、より迅速な案件対応を図るため、新商品「<ひろぎん>太陽光発電向け専用融資制度」の取り扱いを開始した。これにより太陽光発電事業への参入企業等に対するサポート体制を強化したい考えだ。

「<ひろぎん>太陽光発電向け専用融資制度」の対象は、再生可能エネルギー固定価格買取制度を利用する法人・個人事業主。使いみちは、太陽光発電事業に関する設備資金。融資金額は3億円以内。融資期間は原則15年以内。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.