> > UR賃貸住宅の屋上で屋根貸し 太陽光発電を行う事業者募集

UR賃貸住宅の屋上で屋根貸し 太陽光発電を行う事業者募集

記事を保存
UR賃貸住宅の屋上で屋根貸し 太陽光発電を行う事業者募集

UR都市機構は、UR賃貸住宅の屋上スペースを太陽光発電事業者に賃貸する取り組みを開始すると発表した。対象となる物件は、構造、日照等の一定条件を満たす約1,500棟、屋上スペースはのべ約23haで、東京ドーム約5個分に相当する。

これにより、15年後には約7,200世帯分の年間消費電力に相当する年間発電量35MWを目指す。12月25日から、第1号案件となる「ニュータウン小山田桜台」(東京都町田市)における事業者の公募を開始した。

本取り組みは、UR都市機構が、再生可能エネルギーの普及及び電力供給の拡大に寄与することを目的に、UR賃貸住宅における太陽光発電普及促進への取り組み「URパワー」として実施するもの。

具体的には、今後15年間、賃貸住宅の屋根断熱防水改修工事の機会に併せて、順次、屋上スペースを賃貸する太陽光発電事業者を公募する。太陽光発電事業者は、屋上スペースに太陽光パネルを設置し発電を行う。発電した電力は、再生エネルギーの固定価格買取制度を活用し、電力事業者に売電する。

また、自立運転コンセントを設置することで、大規模災害時等の停電時には、UR賃貸住宅居住者等の非常電源として活用する。

年間発電量35MWを目指す15年後は、2028年(平成40年)を想定。このときに、削減されるCO2排出量は年間約1万8,800トンを見込み、これは約5,300haの森林が1年間に吸収するCO2に相当する。

公募を開始した「ニュータウン小山田桜台」の住棟数は25棟で、設置可能な屋上面積は約8,200m2。案内書の配布期間は12月25日から平成25年1月16日まで。機構所定の申込書類及び入札書を作成の上、申し込む。申し込みの受付期間は平成25年1月31日及び2月1日。平成25年2月15日 開札・事業者を決定、平成26年1月の発電開始を予定している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.