> > 神奈川県の太陽光発電マッチング事業 今年は土地貸し・売却も募集

神奈川県の太陽光発電マッチング事業 今年は土地貸し・売却も募集

記事を保存
神奈川県の太陽光発電マッチング事業 今年は土地貸し・売却も募集

神奈川県は現在行っている太陽光発電のマッチング事業の対象に「土地貸し・売却」を加えることを発表した。

神奈川県は「屋根貸し」を希望する施設と、「屋根借り」を希望する発電事業者をそれぞれ登録し、マッチングを図る事業を行っていた。今回はその対象に屋根だけでなく、「土地貸し・売却」を加え太陽光発電導入の一層の促進を図る。

「屋根の登録要件」は、神奈川県内の民間施設であることと、概ね20年間継続して賃貸できること。屋根の面積は1棟の屋根の面積(北向きの傾斜屋根の面積を除く)が、150平方メートル以上であること。 他に、日照条件が良好であること、耐震基準を満たしていることなどといった条件がある。

そして、今回から新規に加わる「土地の登録要件」は、神奈川県内の民有地であること。売却予定又は概ね20年間継続して賃貸できること。土地の面積は平坦な部分の面積(北向きの斜面の面積を除く)が、150平方メートル以上の一団の土地であること。

他に、原則として、日照条件が良好であること。造成並び建築物等の除却及び立木の伐採等の必要がないこと。工事車両が進入できる道路に接続していること。 土地の敷地内又は近隣に送電線の電柱が存在すること。また、開発関係法令により、太陽光発電設備の設置が規制されていないことなどが条件に挙げられる。

登録申請の受付期間は平成26年4月1日(火)から平成27年3月16日(月)まで 。申請方法は、神奈川県産業労働局地域エネルギー課へ、様式をメールで送るとともに、添付書類を持参又は郵送することとされる。申請書類は、実施要領(登録申請書を含む)などが、平成26年4月1日(火)以降に、神奈川県産業労働局地域エネルギー課のホームページからダウンロードできる。

神奈川県は、平成24年度から再生可能エネルギーの固定価格買取制度を活用し、県有施設における「屋根貸し」太陽光発電事業を全国に先駆けて開始した。その後、太陽光発電事業の導入を促進するため、平成24年9月から「屋根貸し」を希望する施設と、「屋根借り」を希望する発電事業者をそれぞれ登録し、マッチングを図る事業に取り組んできた。

現在、県は「屋根貸し」の成約例や留意点等の紹介を行うセミナーや、「屋根貸し」等を希望する方と発電事業者が、実際に相談できる場を提供している。神奈川県は、今後も同事業の更なる発展を期待し、更なるマッチングの機会を創出していく構えだ。

【参考】
神奈川県 - 地域主導による再生可能エネルギー導入のための緊急支援事業委託業務の採択案件について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.