> > 豊田合成、工場等に高天井用LED照明を導入 水銀灯と比べ66%省エネ

豊田合成、工場等に高天井用LED照明を導入 水銀灯と比べ66%省エネ

記事を保存
豊田合成、工場等に高天井用LED照明を導入 水銀灯と比べ66%省エネ

豊田合成(愛知県清須市)は、17日、2013年度末までに工場などで使用する高天井照明(水銀灯等の高輝度放電ランプ)約1,000台を自社製LEDを使用した高天井照明に切り替えたと発表した。これにより、平和町工場など国内5事業所における全ての照明をLED照明に切り替えた(一部の特殊照明、特殊工程を除く)。

今後は、2015年度末までに残る約2,000台の高天井照明についてLED化を推進し、国内全事業所における全ての照明をLED照明に切り替える計画だ。

同社は電力消費を抑えてのCO2低減とLEDメーカーとしてLED照明の普及・啓発することをねらいに、第5次環境取組みプラン(2011~2015年度)に基づいて、「社内照明のLED化」に取り組む。既に2012年度末までに「蛍光灯タイプ(約7万本)のLED化」は完了。今回、新たに「高天井照明(約3,000台)のLED化」に着手し、活動の初年度となる2013年度は9事業所において約1,000台(960台)を切り替えた。

今回の高天井照明のLED照明化で、約260kWのピーク電力低減効果と、水銀灯照明比で約66%低減となる年間で約500t-CO2のCO2低減効果を見込む。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.