> > リコーの新しい直管型LEDランプ、どの方式の安定器にも対応

リコーの新しい直管型LEDランプ、どの方式の安定器にも対応

記事を保存
リコーの新しい直管型LEDランプ、どの方式の安定器にも対応

リコーは、工事不要の直管形LEDランプの新製品「RICOH LED Mシリーズ」を4月25日に発売する。月間3万本の販売を見込む。

同新製品は、従来型の工事不要の特徴を引き継ぎ、さらにLEDの駆動回路を自動で切り換える技術を開発し、部品を小型化することにより、1本のLEDランプでグロー方式、ラピッド方式、インバータ方式のすべての安定器タイプに対応可能となったことが特長だ。

複数の安定器タイプが混在する事務所にも、ランプタイプを気にせずに導入できるほか、事務所移転のなどの際、移転先でも継続して同製品を使用できる。また、従来の昼白色に加え、白色と電球色の光色もラインアップされ、3年間だった保証期間も5年に延長された。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.