> > 出力225Wで重さ9.5kgの太陽光発電パネル 薄くて強い特殊ガラスを使用

出力225Wで重さ9.5kgの太陽光発電パネル 薄くて強い特殊ガラスを使用

記事を保存
出力225Wで重さ9.5kgの太陽光発電パネル 薄くて強い特殊ガラスを使用

旭硝子(AGC)は、5月から従来型の太陽光発電パネルに比べて、重量を約半分にした超軽量太陽光発電パネル「ライトジュール™」の販売を開始する。薄くて強い化学強化特殊ガラス「Leoflex®」をカバーガラスとして使用することで、ガラスの厚みを従来の1/4とし、軽量化を実現した。従来型では設置が難しいスペースも有効活用し、太陽光発電パネルを設置することが可能となる。

「ライトジュール™」は単結晶シリコン太陽光発電パネル。公称最大出力は225Wで、外形寸法は幅1,482mm×奥行き985mm×高さ35mm。重量は従来品が1枚17kgであるのに対して、1枚9.5㎏。モジュール変換効率は15.41%。モジュール出力保証期間は20年。

近年、太陽光発電パネルの設置場所として、工場や倉庫、公共施設など広い面積を持つ屋根の有効活用が広がっている。しかし、荷重制限のため従来型の太陽光発電パネルの設置が難しい屋根の場合、設置するパネル数を減らす、もしくは設置するために補強工事を施す必要があった。

「ライトジュール」は、パネル自体が軽量のため、そうした箇所にも補強工事をするとなくパネルを設置することができ、従来型と比べてコストをかけずにパネルの設置面積を拡大することができる。また、軽量化により設置にかかる作業効率が改善し、設置コストの削減も期待できる。

AGCは、「Leoflex®」の特徴を活かした「ライトジュール™」の販売を進めるとともに、今後も省エネに関するニーズに応える製品・技術を提供していく考えだ。

超軽量ソーラーパネル施工例(AGC 関西工場高砂事業所)

超軽量ソーラーパネル施工例(AGC 関西工場高砂事業所)

AGCは、2012年6月に、軽量化を実現した化学強特殊ガラス「Leoflex®」の販売を開始した。高砂工場の屋根を活用して設置した発電容量約5MWのメガソーラーに、「Leoflex」を搭載した超軽量太陽光発電パネルを一部採用している。同工場には、従来型の太陽光発電パネルが荷重制限のために設置できない箇所もあったが、重量を半分以下とした超軽量太陽光発電パネルの採用により、補強工事なしで設置が可能となった。この結果、同工場の太陽光発電パネルの設置面積は、従来型のパネルのみで構成した場合に比べ、約2割拡大したという。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.