> > LIXIL、ハチの巣構造で高断熱な窓用スクリーンを発売 日射熱を約62%カット

LIXIL、ハチの巣構造で高断熱な窓用スクリーンを発売 日射熱を約62%カット

記事を保存
LIXIL、ハチの巣構造で高断熱な窓用スクリーンを発売 日射熱を約62%カット
布地でできたハチの巣型の空間が、高い断熱効果を生む

布地でできたハチの巣型の空間が、高い断熱効果を生む

高断熱スクリーン「ハニカムスクリーン」施工例

高断熱スクリーン「ハニカムスクリーン」施工例

LIXIL(東京都)は、窓用の高断熱スクリーン「ハニカムスクリーン」を8月から全国で発売する。同製品は、生地の内部に空気層を持つハニカム(蜂の巣)構造を採用し、高い断熱効果を発揮する。

同製品の断熱効果は、夏場は日射熱の流入を約62%カット、冬場は窓から侵入する冷気の侵入を遮り、暖房熱の流出を約43%カットし、冷暖房の効率を高め、季節を問わず室温を快適に保つ。

スクリーンの開閉は、把手で上げ下げできるコードレス式。

また、部屋の用途や方角などに合わせて上下の開閉方向3タイプから選択できるほか、パーツカラーも、木目色や白色の計5色が設定されている。

住宅などの窓辺はデザインや断熱性能が重視され、小窓化が進んでいる。小間口で縦長な窓でも納まりが良く、操作しやすい「スクリーンが、カーテンやブラインドより人気が高まっている背景があり、同社グループのファブリックスメーカー川島織物セルコンの「ブランシェDX」のラインアップに、同新製品が追加された。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.