> > 宮城県岩沼市、メガソーラー候補地公開(未認定) 発電事業者を募集

宮城県岩沼市、メガソーラー候補地公開(未認定) 発電事業者を募集

 印刷 記事を保存

宮城県岩沼市は、防災集団移転促進元地(藤曽根地区)にて、メガソーラー発電所の建設と運営を行う民間事業者を、公募型プロポーザル方式で募集している。応募登録申込書の提出期限は、2018年1月26日(金)17時まで。

この「岩沼市藤曽根地区メガソーラー設置運営事業」は、岩沼市震災復興計画マスタープランにおける「産業の復興と新産業の創出」の基本方針と、岩沼市環境未来都市計画における「自然エネルギーを活用したエネルギーマネジメントシステムの導入」に向けた取り組み方針に基づき、防災集団移転促進元地(藤曽根地区)を有効に活用する目的で実施されるもの。

同公募では、藤曽根地区におけるメガソーラー発電所(1MW以上)を設置・運営する企画、 資金調達、設計、建設、管理運営などについての提案を募集する。

応募できるのは、日本国内に本社、宮城県内に支社などがある企業で、現在国内において具体的にメガソーラー発電施設の設置や運営に着手している事業者であること。また、電力会社に売電する目的で、メガソーラー発電事業を行う者であること。応募は、単独でも複数企業でも可。

(※全文:1116文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.