洋上風力発電、秋田・千葉の3カ所すべて三菱商事・中部電力系連合が落札

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

経済産業省と国土交通省は12月24日、再エネ海域利用法に基づき「秋田県能代市、三種町及び男鹿市沖」、「秋田県由利本荘市沖(北側・南側)」、「千葉県銚子市沖」の3カ所(4区域)において着床式洋上風力発電事業を行う事業者として、いずれも三菱商事エナジーソリューションズ(東京都千代田区)を代表企業とするコンソーシアムを選定したと発表した。

再エネ海域利用法に基づき促進区域に指定されたこれら3カ所(4区域)では、供給上限価格29円/kWh、調達期間20年等で公募が行われ、それぞれ5事業者、5事業者、2事業者から公募占用計画が提出された。このうち、選定された事業者(コンソーシアム)は、それぞれ13.26円/kWh(秋田県能代市、三種町及び男鹿市沖)、11.99円/kWh(秋田県由利本荘市沖)、16.49円/kWh(千葉県銚子市沖)の供給価格を提示し、価格点で満点の評価を得た。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報