環境ビジネス 2007年8月号

環境ビジネス.jp > 2007年8月号

省エネ
CO2排出量削減 現状と先端技術

6月26日発売 価格:840円(税込)


この号を購入 定期購読
月刊「環境ビジネス」2007年8月号:省エネ




特集1
省エネ
CO2排出量削減 現状と先端技術

【現状】

Part 1 省エネ先進国日本の実情~展望、施策
世界をリードする日本の省エネ技術と実績
Part 2 開発の裾野広がる省エネ技術
先進各国が注目する日本の優れた省エネ技術


【自治体】

横浜市――自治体が取組む省エネ
省エネ・省コスト推進事業を実施


【展望】

Part 1 ライフサイクルアセスメント
持続可能な消費社会へ進む家電業界
Part 2 省エネ証明の本命技術・有機EL
実用化目前! 進化する省エネ性能
◆NECライティング
Part 3 石炭の灰分除去で熱効率アップ
従来に比べCO2を20%削減
Part 4 ESCO事業
市場は再び拡大傾向へ転じる


省エネ CO2排出量削減 現状と先端技術

【事例】

Case 1 家電量販店の動向
省エネ型製品は消費者、販売店双方にメリットあり◆ヨドバシカメラ
Case 2 工場で稼動するヒートポンプ
ターボ冷凍機&蓄熱システムで昼夜間電力を平準化◆雪印乳業
Case 3 太陽光発電の省エネ貢献
課題はコスト高から施工品質向上へ
Case 4 高性能・高機能真空断熱材
世界最高レベルの断熱性能を達成した「Vacua」シリーズ◆松下冷機
Case 5 ITS(高度道路交通システム)
渋滞を緩和する交通システムで省エネに誘導

<TOPIC>
経済と環境の両方に効果的なカーリース
ハイブリッド車を導入、営業車のCO2を60%削減
◆三菱UFJ信託銀行/日立キャピタルオートリース

Case 6  最短で最大の投資効果・風力発電
ITバブル時を上回る自然エネルギーへの投資
Case 7 資源循環型住宅
リサイクル技術を結集し再資源化向上へ◆大和ハウス工業
Case 8 ケータイで「節電+オール電化」推進作戦
日常生活で使用する電気が目に見え、楽しく節電◆東京電力
Case 9 百貨店のエコ包装
包装紙と同じ絵柄を紙箱に印刷◆東急百貨店
Case 10 レーザープリンター
耐熱ベルトの開発でCO2の排出量を72%低減◆富士ゼロックス
Case 11  物流におけるCO2削減システム
運行データを分析し省エネ運転◆国分



特集2
法改正で新たな動きが加速
食品リサイクル最前線

食品リサイクル法改正のポイント
食品流通の川下にメスを入れ、リサイクル・ループを構築
◆環境省廃棄物・リサイクル対策部 廃棄物対策課

業界トップ企業はここを見ている
コンビニ食品廃棄物で高品質2段階リサイクル
◆セブン&アイHLDGS

ホテルの庭園をリサイクル堆肥で美しく
アーバンリゾートの豊かな緑は厨房から
◆ホテル日航東京

1歩先行く経営のヒントは現場にある
「ものづくり」へ向かう廃棄物処理の最前線
◆サニタリーセンター×高橋環境法務事務所

食品リサイクルが生み出す新エネルギー
食品廃棄物のエタノール化リサイクルシステム
◆NEDO技術開発機構

堆肥の過剰供給への打開策
バイオマス廃棄物を無害化する亜臨界水中燃焼法
◆静岡大学




特別企画
バイオマス利活用の現場に密着!
東京バイオマス・フロンティア

バイオマスタウン構想の公募から3年目を迎え、
東京あきる野市で木質バイオマスを利用した温浴施設「秋川渓谷 瀬音の湯」がいよいよ稼動しはじめた。

バイオマスの利活用に乗り出した自治体の多くが直面している最大の問題は収益性の確保である。
総工費24億円超を投じてスタートしたあきる野市のバイオマス事業は、全国のバイオマス観光のモデルとなることができるのか。
同市の木質バイオマス利活用の現場に密着し、今後の展望と課題を明らかにする。

◆あきる野市商工観光課
◆秋川木材協同組合



東京バイオマス・フロンティア


特別企画
省資源・省エネを実現する有機テクノロジー
オルガテクノ2007 有機テクノロジー展/国際会議

プラスチックyear
バイオマスプラスチックに期待
◆日本プラスチック工業連盟



マーケティング&ビジネス

成長企業のユニーク販売戦略

減農薬栽培が可能となる微生物農薬を開発 ◆出光興産
環境配慮型屋上緑化コンテナを開発 ◆サカタのタネ
小型風力発電装置を開発 ◆日本飛行機
使用済み竹箸のリサイクルを加速 ◆アレフ
フィルム型有機薄膜太陽電池を開発 ◆大日本印刷
フィルター不要の集じん機登場 ◆赤松電機製作所
ご飯が20分で炊けるソーラークッカー◆京葉サンビーム
ICチップによるコンクリート再利用支援システム開発 ◆三谷建設
テントの廃材等から1点もののカバンを製作 ◆太陽工業
除加湿空気清浄機に除湿・加湿・脱臭・集じん機能を搭載◆ダイキン工業

循環型社会の立役者に聞く!我が社のビジネスモデル

金属から古紙、廃プラの再生処理業へと進展
◆大興金属

省庁の動き

ブラウンフィールドの資産規模10.8兆円、環境配慮契約法が成立 ほか

協会・団体の動き

日本樹木リサイクル協会

環境ビジネス ニュース&プロダクツ

2020年から2040年に建築物解体ピーク ほか

環境イベント&セミナー

バイオ燃料装置&材料展 Bio Fuels World 2007

ビジネスに役立つ書籍情報

著者インタビュー/環境ビジネスマンお薦めの一冊/新刊書籍

技術の流儀

燃料から見える自動車の生き残り戦略
◆技術ジャーナリスト 武末髙裕


海外・国内環境事情

食品リサイクル成功の秘訣 第20回

コンビニ4社が参加する共同回収・リサイクル
◆フューチャーガイドマップ

ベネズエラ環境レポート Vol.6

論理的に考えられない人たち

エコラボ 研究室訪問 vol.12

廃棄物・リサイクル関連の法政策を研究
◆上智大学法学部法科大学院 北村喜宣教授


海外環境ビジネス探訪 ベルギー
データで見る環境自治体 杉並区


未来建築 vol.9 所蔵空間から共生空間へと変容する美術館


インタビュー

著者インタビュー
『環境が農を鍛える』著者
原 剛 氏

学生レポーターが取材!環境ビジネス現場訪問
◆フードサービス業界編 モスフードサービス



2007年8月号/6月26日発売  価格:840円(税込)
この号を購入

ページトップへ

環境ビジネス.jp
アクセスランキング2009

1位:エコカー補助金
2位:太陽光発電 補助金
3位:エコカー減税車一覧
4位:太陽光発電ニュース
5位:環境ビジネスの補助金

関連号

月刊「環境ビジネス」2009年3月号:省エネ法対策
2009年3月号
省エネ法対策

月刊「環境ビジネス」2006年8月号:改正省エネ法対策
2006年8月号
改正省エネ法対策

月刊「環境ビジネス」2010年3月号:LED照明 選び方と使い方
2010年3月号
LED照明 選び方と使い方

月刊「環境ビジネス」2008年10月号:食品リサイクル
2008年10月号
食品リサイクル

月刊「環境ビジネス」2006年10月号:バイオマス
2006年10月号
バイオマス

広告掲載のお問合せ先

 雑誌広告のお問合せ

 Web広告のお問合せ