住宅用太陽光発電関連の補助金(東京都羽村市)

検索結果

住宅用太陽光発電・東京都羽村市の補助金

東京都羽村市の補助金の詳細は、以下の通りです。

市区町村選択へ戻る

東京都で利用できる補助金 (2018年9月27日 時点)
集合住宅における充電設備等導入促進事業(平成30年度) 都内の集合住宅の全戸の所有者又は管理組合(新築された集合住宅であって、管理組合が設置されていない場合にあっては、当該集合住宅の建築主とする。)、管理組合等の許諾を得て、当該集合住宅の居住者が専ら使用する助成対象設備を設置し、所有するリース事業者、カーシェリング事業者等が対象。

助成対象設備:充電設備、太陽光発電システム及び蓄電池
受けられる補助金 (1)充電設備
ア.充電設備購入費(V2H充電設備を除く。)
購入価格から国補助事業の補助金額を差し引いた額と国補助事業において充電設備の種類等に応じて定める補助金交付上限額のいずれか低い方の金額
イ.充電設備購入費(V2H充電設備に限る。)
購入価格から国補助事業の補助金額を差し引いた額と国補助事業において充電設備の種類等に応じて定める補助金交付上限額の2分の1の額のいずれか低い方の金額
ウ.充電設備設置工事費
工事費から国補助事業の補助金額を差し引いた額、上限は81万円

(2)太陽光発電システム及び蓄電池の設備購入費及び設置工事費
助成対象経費の合計金額に10分の10を乗じた額、上限は1千万円 
申請期間 2018/6/11~2019/3/29
問い合わせ先 都市エネ促進チーム
TEL: 03-5990-5068  HP
羽村市で利用できる補助金 (2018年9月27日 時点)
羽村市創省エネルギー化助成(平成30年度) 市内において所有または使用する住宅・事業所に、環境負荷の低減及びエネルギーの有効利用化を新たに行う個人・小規模企業者・個人事業主が対象。

対象機器:太陽熱利用システム、太陽光発電システム、家庭用燃料電池コージェネレーションシステム、高効率小規模コージェネレーションシステム、地中熱利用システム、次世代自動車(電気自動車、プラグインハイブリッド自動車、燃料電池自動車) 他
詳細はHP参照
受けられる補助金 助成対象工事等に係る経費の2分の1または限度額のいずれか低い方をエコポイントにて助成、上限は50万エコポイント

【限度額】
太陽熱利用システム 優先施工者:15万円
家庭用燃料電池コージェネレーションシステム 優先施工者:10万円
地中熱利用システム 優先施工者:40万円
太陽光発電システム 優先施工者は1.6万円/kw、上限は住宅8万円、事業所40万円。一般施工者は0.8万円/kw、上限は住宅4万円、事業所20万円。
次世代自動車(EV及びPHV) 優先施工者30万円、一般施工者15万円
詳細はHP参照 
申請期間 2018/5/1~2019/1/31
問い合わせ先 産業環境部 環境保全課
TEL: 042-555-1111  HP

協力:サンテックパワージャパン株式会社

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.