> コラム > 神奈川県、環境教育支援のバナー広告募集!【PR】

神奈川県、環境教育支援のバナー広告募集!【PR】

神奈川県 環境計画課 地球温暖化対策グループ

記事を保存

環境教育支援 バナー広告募集

環境専門サイトだからこそ、CSR・イメージアップに効果的

今や企業にとって欠かせない、CSR活動。より効果的で、よりイメージアップにつながるような活動や取組が模索される中、神奈川県は、バナー広告出稿によるCSRを提案する。バナー広告費は県の環境教育事業に活用されるという仕組み。手軽でありながら神奈川県の環境教育事業をサポートできる、意義のある広告だ。県では現在、広告出稿主を募集している。

バナー広告費を県の環境事業に活用、環境教育や相談コーナーがより充実

ソーラーカーの説明を受け運転している様子

ソーラーカーの説明を受け運転している様子

県は現在、環境計画課トップページにバナーを出稿する企業・団体を募集中。掲載には、環境に配慮した活動や取組を行っている企業・団体であることが条件となる。広告費の1万5千円/月は、県が実施する環境教育事業に使われる。その環境教育事業の詳細は、大きく以下の2つ。

ひとつが、学校における環境教育の取組。神奈川県は、環境教育を支援する仕組みとして「環境・エネルギー学校派遣事業」を行っている。これは、県内で活動しているNPOなど、環境やエネルギーに関して豊富な知識・経験を持つ方を学校に招き、体験型の授業を実施するというもの。例えば、環境教育体験車「NEO」による体験授業や、地球温暖化の実験、間伐材を使った工作など。

いずれの授業も、実際に体験しながら楽しく、分かりやすく学ぶことができるため、児童・生徒からも学校側からも大変好評だという。

空気とCO2の温度の上がり方の違いの実験

空気とCO2の温度の上がり方の違いの実験

そしてもうひとつが、かながわエコBOX。普段は地域で環境問題に取組んでいるアドバイザーが、環境教育や地球温暖化防止対策など、環境に関する質問に対して幅広く対応してくれ、環境に関する図書や機材の貸し出しも行っている。県民や企業が気軽に相談できる環境を作り出すことが、県の取組の理解や普及促進に一役買っているようだ。


県民の環境意識が高まることで、出稿側にメリットが

こういった取組により、周囲の家庭や地域に、環境に関する知識や情報が広く行き届くことになり、全体としての環境に対する意識が高まる。環境への意識の高い消費者や地域が育つことによって、環境配慮型の製品やサービスを提供する企業や団体にも、よりスポットが当たることになるだろう。CSR活動により、環境活動の一端を担うことで、いずれはそれが自社の利益としてかえってくるのである。

県主催のサイトということで、企業にとっては大きなCSR効果が見込める上、露出効果も高い。環境意識の高いユーザーが多く訪問するのもポイントだ。

広告スペースは先着順のため、問合せはお早めに。

※平成27年度出稿企業
株式会社日本ビジネス出版、横浜エフエム放送株式会社、積水ハウス株式会社神奈川営業本部、株式会社カネダ

神奈川県が実施する主な取組

地球温暖化対策の推進

神奈川県は、2009年7月に「化石燃料に依存したエネルギー多消費型の社会から地球環境への負荷が少ない低炭素社会への転換を促し、良好な環境を将来の世代に引き継いでいくこと」を目的として、「神奈川県地球温暖化対策推進条例」を制定した。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f417507/

また、同条例に基づき、県の地球温暖化対策に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図る基本的な計画として、2010年3月に「神奈川県地球温暖化対策計画」を策定し、温室効果ガスの中期目標(2020年)を掲げるとともに、目標達成に向けた県の施策体系を定めた。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f417509/

現在、この条例と計画に基づき、計画的な地球温暖化対策に取り組んでいる。

具体的な温暖化対策:「マイエコ10宣言」

1993年1月に、国内初のローカルアジェンダとして「アジェンダ21かながわ」を採択し、2003年10月には、京都議定書の締結など、国内外の情勢の変化に対応するため「新アジェンダ21かながわ」を採択した。

「新アジェンダ21かながわ」では「持続可能な社会」の実現のため、県民、企業、NPO等、行政、学校などの各主体が、環境に配慮した自主的な行動内容を宣言・登録し、実践する「マイアジェンダ制度」を創設した。

2015年7月に、「新アジェンダ21かながわ」の改定を行い、「私たちの環境行動宣言 かながわエコ10トライ」を採択した。それに伴い、「マイアジェンダ制度」も併せて改定し、「マイエコ10宣言」を創設した。登録件数は個人・企業等を合わせて16万3千件を超え、活動の環が広がっている。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f360478/

この記事の著者

神奈川県 環境計画課 環境計画グループ
神奈川県 環境計画課 地球温暖化対策グループ
〒231-8588 神奈川県横浜市中区日本大通1
TEL:045-210-4053
FAX:045-210-8952
環境計画課HP:http://www.pref.kanagawa.jp/div/0502/
※お問い合わせの際は、「環境ビジネスオンラインを見た」
というとスムーズです。
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.