> コラム > 安価・シンプルな電気料金体系を実現 基本料金は0円【PR】

安価・シンプルな電気料金体系を実現 基本料金は0円【PR】

環境ビジネス編集部

記事を保存

Looopは正確に電力需給を予測し、電気の調達量を最適化することで、電気を安く提供。再生可能エネルギーの電気買取サービスを増やすことで、自然エネルギーを選べる時代を開拓する。

電気の使用量が増えるほど割安感

全国1465箇所(総出力122MW)で太陽光発電「MY発電所キット」の導入実積をもつLooopが、4月1日より解禁となる一般消費者向けなど低圧の電力小売事業に参入する。同社はすでに昨年12月に高圧の電力小売サービスにも進出。4月には、その供給量が40MWに達する見込みだ。

4月から開始するLooopの低圧電力小売サービス「Looopでんき」は、26円(税込)/kWhの「おうちプラン」と27円/kWh(※関西圏は26円(税込))の「ビジネスプラン」の2プラン(注1)どちらも電気を300kWh以上使用した場合、使用量が増えるほどに従来の電力会社の料金体系に比べ、料金が割安になる。しかも、同一単価で使った分だけ支払えばよいシンプルな料金体系が特長だ。従来、電力会社による従量電灯契約では電気使用量によって価格が3段階に設定され、使用量が増えるほど単価が高くなる料金体系が採られていた。Looopでんきと大手電力会社を比較すると、40A 400kWhの場合11.9%も安くなるという(おうちプランの場合)。また2つのプランとも平成28年5月31日までに申し込めば、契約期間中、継続して基本料金がゼロ円となる特典も付く。

注1 燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金は別途。

株式会社Looop 事業本部 企画開発部 部長 小嶋 祐輔氏

株式会社Looop
事業本部 企画開発部 部長 小嶋 祐輔氏

同社の企画開発部の小嶋祐輔部長は「電気を安く提供できる理由は、発電量と需要量を正確に予測し、電気の調達量を無駄なく最適化することができるからです」とLooopの小売サービスの強味を説明する。同社では遠隔監視サービス「みえるーぷ」を全国で約1500件展開し、そのデータや他の需要家のデータなどを多量に蓄積。それをもとに統計処理を用いた独自のアルゴリズムを使って、需給予測するシステムを構築している。また現在、大手電器メーカーとともにバランシンググループ(注2)を結成し、同社が需給予測を担当している。


注2
バランシンググループは、代表契約者制度ともいい、一般電気事業者(大手電力会社)と新電力(PPS)が一つの託送供給契約を結び、新電力間で代表契約者を選定する仕組み。代表契約者となる新電力が複数の新電力をまとめることにより、各新電力間でバランスを調整して同時同量を達成させる。

小売サービスを通じて自然エネルギー普及の後押し

もう一つの特長はLooopが供給する電気の電源構成比が再生可能エネルギー6%、FIT電気(注3)20%と自然エネルギーの比率が高く、その調達に力を入れていることだ。小嶋氏は「当社が再生可能エネルギー発電所から調達する電気には、固定買取制度に基づいて調達したFIT電気も含まれています。これからも太陽光だけでなく、風力・バイオマス・地熱・水力発電の電気を発電事業者の皆様から広く買取を行っていきます。すでに高圧の小売サービスでも供給量が倍増しており、自然エネルギー由来の電力調達が追い付かないほどです」と電力買取サービスにも注力するという。

Looopでんき

注3
FIT電気は、賦課金を通じた国民全体の負担により賄われているため、費用負担や二酸化炭素排出係数の取り扱いが他の再生可能エネルギー源で発電した電気と異なり、火力発電による電気なども含めた全国平均の電気のCO2排出量をもった電気として取り扱われる。

もともとLooopは東日本大震災の被災地に太陽光パネルを設置するボランティア活動から、2011年4月に誕生したベンチャー企業だ。これまで自然エネルギーによる発電所の普及を通じて、日本の電源構成を変えていきたいと自分で作れる安価な発電所キットや管理システム・サービスを開発・販売してきた。

「4月1日から電力自由化が始まり、ようやく日本の電力のあり方を変えられるチャンスが到来しました。当社では自然エネルギーの電力をより多く供給することで、自然エネルギーと経済合理性に適った分散電源の普及を後押しします。また、その考え方に賛同いただき電気を購入していただくお客様の思いを、新たな発電所の建設やCO2削減プランなどに循環するようなアクティブな試みにつなげていきたいと思っています。どうか、電力自由化の意味を熟慮したうえで、Looopを応援してください」と小嶋氏は訴える。なお同社の電力小売サービスが利用できる地域は、低圧が東京電力・中部電力・関西電力の各エリア、高圧が北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・関西電力・九州電力の各エリアだ。

【Looopでんきについて】
資料請求・お問い合わせはこちら
株式会社Looop
〒113-0033 東京都文京区本郷4-1-4 ユニゾ本郷四丁目ビル
https://looop-denki.com/low-v/

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.