> コラム > 平地がないなら傾斜地へ ― 建築・土木のノウハウを活用【PR】

平地がないなら傾斜地へ ― 建築・土木のノウハウを活用【PR】

環境ビジネス編集部

記事を保存

産業用発電所に適した平地が減少したことを背景に、太陽光発電システムの設置場所として近年多くの注目を集めている傾斜地。一見不可能に思える難易度の高い傾斜地や段差地への設置を可能にするのが、単管架台やトラス(三角形を基本単位として、その集合体で構成する構造形式)架台を提供する大辰だ。建設・土木工事業で培ったノウハウを最大限に活かしたその技術力と柔軟な提案で革新的なソリューションを提供する。

西向き斜面に南向きに設置された太陽光発電システム

西向き斜面に南向きに設置された太陽光発電システム

一般的な平地は減少傾向

FITが導入されて約4年が経った現在、国内の太陽光市場は鈍化しつつある。買取価格の引き下げや産業用発電所に適した平地の減少などが、その要因として挙げられる。そんな中、傾斜地や段差地、更には農地や駐車場などが太陽光発電の設置場所として注目を集めている。この市場動向をいち早く察知し、単管架台やソーラーシェアリングに適したトラス架台を提供するのが大辰だ。同社は建設現場で使用する単管パイプを太陽光発電所用架台に利用。現場で必要に応じてパイプをカットし、クランプで留める位置を調整するため、あらかじめ長さやネジ位置を決めて加工した建材を組み立てる従来工法に比べ、傾斜や段差に対して柔軟に対応できる。

「当社は特に傾斜地を強みとしており、お客様のニーズに寄り添ったソリューションを提供しています」と辰已誠社長。同社の強みを活かした革新的なソリューションの一例が、西向きの傾斜地で南向きに太陽光パネルを据付けた事例である。発電量の増加を狙い、斜面とは異なる向きで水平に架台を設置できる柔軟性と高度な技術力をもつ企業は大辰を除いて他にないだろう。

一方、単管架台の強度や安全性を問う声があるのも事実。そういった声やお客様の悩みにお応えしようと昨年4月に開設されたのが、太陽光発電所「DSパーク」(兵庫県三木市)である。約7000坪の敷地内に、太陽光パネル7,296枚、総発電出力1,860kWの太陽光発電設備が展示されており、勾配が30度を超える傾斜地や段差の多い土地の上にも、単管工法で架台が組まれているのが特長だ。また農地や駐車場、資材置き場でのソーラーシェアリングを可能にするトラス架台の展示も行われている。「法面への設置やソーラーシェアリングなどに関する悩みを抱えるお客様がこの場所を訪れると、必ずその解決策を見つけて帰られます」と環境事業部営業本部長の五角哲司氏は説明する。7月15日には、「DSパーク第2発電所」(兵庫県小野市)も新たにオープンする。三木市のDSパークにはない、トラス架台を使って西向きの急斜面に南向き20度で設置されたパネルや、南向き急斜面に、上の方は単管架台、下の方はトラス架台を使って角度20度で設置されたパネルなどを見ることができる。

業界の牽引役として包括的なソリューションを提供

1999年創業の同社は、建設・土木工事業で実績を重ね、2008年に太陽光発電システム事業に参入した。「建設や土木のノウハウを活かして独自の提案を行っています」と五角氏。最近では、同社で開発したパネル取付け金具が京セラに採用され、JET認証を取得した。「今後は単管架台のニーズが伸びてくると予測されており、市場競争力強化のために当社とのタイアップの話が挙がりました」と辰已社長はその背景を語る。

大辰 代表取締役 辰已 誠氏、環境事業部営業本部長 五角 哲司氏

大辰 代表取締役 辰已 誠氏(右)、
環境事業部営業本部長 五角 哲司氏(左)

EPCとして、現調・設計・施工・アフターフォローまでのワンストップサービスを展開する大辰。コスト面や安全性においてお客様にとってベストなバランスを考慮した多角的な視点での提案を行っている。

一方、太陽光発電システムや建材、ソーラーカーポートなどの輸入品を扱う商社としてダイシンインターナショナルを設立。昨年は近畿電力を設立しPPS事業にも参入するなど、幅広い分野に事業を展開している。

「大辰グループ全体として、お客様のニーズに沿った包括的な商品とサービスを開発していきたい」と五角氏は今後のプランを語る。辰已社長も「再エネ業界を牽引していけるような企業づくりをしていきたい」と話す。

その言葉には、同社の高度な技術力によって不可能を可能に変えるソリューションを提供し続けていきたいという想いと、太陽光以外の再エネ分野も積極的に開拓していきたいという展望がある。

【太陽光発電に関するあるゆる相談について】

パートナーシップなどに関するご相談はこちら
株式会社大辰 問合せ先
株式会社大辰
〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町6-10-37

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.