> コラム > LED、空調だけじゃない!!ワンランク上の省エネ『内貼断熱パネル』【PR】

LED、空調だけじゃない!!ワンランク上の省エネ『内貼断熱パネル』【PR】

環境ビジネス編集部

記事を保存

ZEHやZEBのみならず、既築ストックについても省エネルギーの取組みが重要である。パナソニックが開発した内貼断熱パネルは従来の断熱材に比べ省スペース・省施工を実現し、断熱性能はそれ以上。そのうえ、既存の建物にも無理なく採用できるとあって、店舗やオフィス、倉庫などでの利用が拡がっている。

省エネ活用レポートは、こちら、また文末からダウンロードが可能です。

高い省エネ率と心地よい空間を実現

パナソニック エコソリューションズ社 内装システムビジネスユニット 直需推進担当 主務 住岡 継正氏

パナソニック エコソリューションズ社
内装システムビジネスユニット
直需推進担当主務 住岡 継正氏

パナソニックが開発した内貼断熱パネルはワンランク上の省エネを実現する。ビルやオフィスの省エネで、最初に挙がるのはLED照明や高効率空調だが、同時に断熱改修をすることで、省エネ率がさらにアップできる。

国は、2020年までに新築公共建築物等で、2030年までに新築建築物の平均でZEBを実現することを目指すが、もちろん新築のみならず既築ストックについても省エネルギーの取組みが重要である。

これまで以上に省エネニーズが高まる中、建物の断熱については見逃されがちだった。また、従来の断熱材は、既存の建物への断熱改修をする場合、大掛かりな工事が必要となる。このハードルを解決し、さらなる省エネへと導くのがパナソニックの内貼断熱パネルだ。

施工イメージ

施工イメージ

古いクロスを剥がし、パネルを貼った上に新たなクロスを重ねるだけと施工方法は簡単。それゆえ、既存の建物への導入も容易となっている。最大のメリットは、空調機器やLEDと組み合わることで、総合的なエネルギーコスト削減ができること。パナソニック内装ビジネスユニット直需推進担当の住岡継正氏は「光熱費を下げるだけでなく、外気の影響を受けにくくなるので、室温が安定しオフィスや工場の快適性も格段にアップします」とそのメリットについて説明する。

真空断熱技術を応用して開発

断熱材にはグラスウールや、ウレタンフォームなどがあるが、究極の断熱は『真空』。パナソニックは家電製品で培ってきた真空断熱技術を活かし、内貼断熱パネルに応用した。特長は厚さ8mm(製品厚さ13mm)と省スペースを実現したこと。一般的な建物用断熱材として使われるグラスウール200mmと同等の高断熱性能だ。

氷を使った断熱比較

氷を使った断熱比較

さらに、補助金の採択へ繋がることも見逃せないポイントだ。特に、近年は採択の基準となる省エネ率が上がっており、空調やLEDなどだけでなく総合的な省エネ改修が必須。その点、この内貼断熱パネルは省エネ性が高いことに加え、補助金採択への評価点である『先進性』も加点、評価されている。

住岡氏は、「今後、当社では、さらに高性能の断熱パネルも開発していきます。省エネと快適な空間づくりを目指す企業にとって、最新の高効率空調や省エネ照明にプラスワンの商品として内貼断熱パネルを使っていただきたいです」と話す。ワンランク上の省エネニーズには、断熱は無視できない。

*非住宅改修物件において、パナソニックの過去シミュレーションで、約10~20%の省エネが見込まれています。(条件により、変動の可能性があります。)

※下より省エネ改修活用レポートをダウンロード頂けます。

パナソニックビジネス

パナソニック株式会社
エコソリューションズ社 内装システムビジネスユニット
〒571-8686 大阪府門真市門真1048
TEL:06-6906-1603

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.