> コラム > 事業者を悩ませる発電所の雑草問題 → 突如現れた「救世主」がこれ【PR】

事業者を悩ませる発電所の雑草問題 → 突如現れた「救世主」がこれ【PR】

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

想定もしなかった雑草トラブルに悩まされている太陽光発電所が全国で増加している。雑草対策コストが当初の計画よりも膨らみ、いまやO&Mの深刻な課題の1つとなっている。今回取り上げる「大型ラジコン草刈り機」は通常より作業時間を『約5分の1』に短縮。雑草対策の切り札として発電事業者やO&M事業者から注目を浴びている。

雑草対策『大型ラジコン草刈機』システム概要について、環境ビジネス限定で無料公開しています。こちら、もしくは文末より資料ダウンロードできます。

雑草対策は発電事業の大きな課題の一つ

従来の草刈りとの比較動画

FIT法施行から7年、日本でも稼働して数年が経過する太陽光発電所が徐々に増加している。こうした発電所の運用・管理面で、ここ数年、大きな課題の一つとなっているのが雑草対策だ。太陽光発電所の敷地に茂る雑草がパネルに被さり発電を阻害する。また、虫害により近隣地域から苦情が寄せられるなど、雑草が直接・間接にトラブルの要因となっているからだ。

「雑草対策」が発電所の現場で深刻な課題になっている

「雑草対策」が発電所の現場で深刻な課題になっている

しかも、建設段階で防草シートや砂利を敷き詰めたり、除草剤を散布するなどして完成した「雑草の心配がいらない発電所」も、結局は雑草の生命力には太刀打ちできず、雑草が生い茂り発電事業に悪影響を及ぼしている発電所が全国で散見される。

雑草を除去する草刈りも春、夏、秋の年3回ほどの作業が必要とされ、人件費など想定以上のコストがかさむ。

総合商社丸紅の子会社である大分ソーラーパワー株式会社が、2014年に開発した出力82MWの大規模メガソーラーも例外ではなく、雑草対策という課題を抱えている。同メガソーラーは大分県臨海工業地帯の約105ヘクタール、東京ドーム26個相当という広大な敷地に立地する。当初、敷地一面に鉄鋼スラグを敷き詰めるなど、雑草対策は万全であった。しかし、生命力の強い雑草はその上に根を張り、毎年徐々に生息範囲を広げて行き、草刈りの対応を迫られる状況となってしまった。

そこで、草刈りのコスト削減を図るために採用したのがギガソーラーの産業用大型ラジコン草刈り機によるサービスだ。このラジコン大型草刈り機はイタリアの重機メーカーの製品で、ギガソーラーが改良し、今年から日本の太陽光発電市場に本格導入した。

大型ラジコン草刈り機を導入し、作業時間を5分の1に

株式会社ギガソーラー 代表取締役 青木 克伸 氏

株式会社ギガソーラー
代表取締役
青木 克伸 氏

ギガソーラー代表取締役の青木克伸氏は「雑草対策は現在、発電事業者からECP事業者、O&M事業者まで多くの方を悩ましている課題ですが、この草刈り機を導入すると20人/日の区域でも、4人/日程度で作業することができます。しかも、ラジコンで操作できるので作業員も安全に作業に当たることができます」と草刈り機導入のメリットを説明する。

草刈り機は日本の太陽光発電用に改良したことにより、架台の支柱を傷つけることなくパネルの下でも安全に迅速に作業することができる。また、60度の勾配も上り、狭い場所にも自在に入っていくことができるなど、傾斜地に立地する発電所にも対応できることが強みだ。その上、刈った草はシュレッダーのように細かくチップ上に処理されるので、草の回収、廃棄といった手間、コストも抑えられる。

攻めのO&Mで、発電事業者の収益拡大に貢献する

野立て発電所のアレイは低いもので地上40~50cmの高さしかなく、雑草が生い茂り1段目のパネルに影を作っただけでアレイ全体のパネルが発電を停止し、大幅に売電収益が減少することになる。

草を刈っている様子 ラジコン操作の様子 イタリア製の草刈機「ギガRCマルチカッター」

ラジコン操作できるイタリア製草刈機「ギガRCマルチカッター」

青木氏は「例えば防草シートを敷いたとしても、2~3年でシートを突き破って、下から草が生えてきたり、あるいはシートの上に徐々に蓄積された土から雑草が茂ったりする場合があります。そこで、草を刈ろうとするとシートを巻き込んでしまうので、シートを除去するコストもかさむことになる。日当たりの良い、人の立ち入らない場所には草が生えるのは当たり前。要はそれをどうコストをかけず、安全にメンテナンスしていくかが重要になります」と話す。

ギガソーラーはもともと開発・設計・施工をワンストップで取り組む太陽光発電開発事業者。業界でも難易度の高い案件の開発では定評がある。本格的に参入したメンテナンス事業でも、雑草対策に大型ラジコン草刈り機を導入するなど、売電収益を最大化するソリューション提案に期待がかかる。

雑草のピークは毎年夏場の6月~9月とされている。雑草に悩まされている発電事業者やO&M事業者は、来年度以降に向けて、一度自社の雑草対策の見直しをしてみるのはどうだろうか。

※ 雑草対策『大型ラジコン草刈機』システム概要のダウンロードはこちら

ダウンロードはこちら!
株式会社ギガソーラー 株式会社ギガソーラー
〒105-0021 東京都港区東新橋2丁目9番2号
パラッツォジーラソーレ7階

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.