> コラム > 店舗やオフィスなどへの施工で注目される「抗菌・抗ウイルス資材」とは

店舗やオフィスなどへの施工で注目される「抗菌・抗ウイルス資材」とは

コロナ禍で感染予防への意識や清潔志向が高まっている。店舗などのサイン・ディスプレイ資材を扱う藤田産業は、2021年2月、新たなブランドとして、あらゆるサインを簡単に抗ウイルス・抗菌仕様にできるサインメディアシリーズ『VirlessTM(ウィルレス)』を発表した。新製品の特長や効能、開発への想いとは。

※店舗やオフィスの衛生対策として導入が進む『VirlessTM』の概要について詳細資料を公開しています。こちら、もしくは文末よりダウンロードできます。

ダウンロード資料イメージ
▲資料がダウンロードできます

誰も気づかないけれど抗ウイルス

約60年前、建材・サイン材の問屋業として四国で産声を上げた藤田産業。1996年にアルミ樹脂複合板の『SOLEITA(ソレイタ)』ブランドを立ち上げ、アルミ樹脂複合板に特化したメーカーとして業界内で名を知られる。

『新しい閃きを、地球とともに。』をキャッチコピーに、地球や環境、人に優しい製品づくりに努めてきた同社が、新たなブランドとして立ち上げたのが『VirlessTM(ウィルレス)』。

画像クリックで拡大

コロナ禍で、建材から電化製品、タブレットまで、あらゆるものの感染予防対策が進む中、『多くの人の目に触れ、接触の可能性のあるサイン・ディスプレイもまた、抗ウイルス・抗菌仕様であるべき』というのが、製品開発の出発点。

藤田産業の取締役副社長、河野 一昭氏は製品開発の背景について「『透明だし、施工しても施主にメリットが伝わらない』という意見もありますが、サイン・ディスプレイに携わる者としては『見えない安心・安全』を追求したい。誰も気づかないけれど、実は抗ウイルス・抗菌ですと。5年後にはそれが普通になっているような世界を目指し、誰でも簡単に抗ウイルス・抗菌仕様にできるような素材の開発に挑みました」と話す。

『VirlessTM』は、日本の抗菌製品技術協議会(SIAA)の認証する抗ウイルス加工・抗菌SIAAマークを取得しているほか、食品、医薬品、医薬機器などの安全性を確保するアメリカの政府機関である『FDA(アメリカ食品医薬品局)』の認証を受けている。日米両国の機関から適合評価を獲得している信頼性の高い製品だ。

『VirlessTM』、3つの特長

「今あるサインをそのまま変えるだけで抗ウイルス・抗菌効果を持ったサインにできるのが、『VirlessTM』の特長です」と河野氏。

『VirlessTM』には、フィルムタイプとクロスタイプの2種類がある。フィルムタイプはメディアや壁、パネルに貼るだけで、クロスタイプは通常のメディア同様に印刷するだけで、空間に漂うウイルスや細菌が付着すると、その数を99%以上減少させる。

タブレットなどのタッチパネルや案内板など、多くの人の手が触れる可能性のあるサインには、対傷性に優れたフィルムタイプが最適。印刷できるクロスタイプは抗ウイルス・抗菌効果に加えて消臭性能が高いため、飲食店や病院、様々な店舗の店内サインに使用することで、優れた威力を発揮する。

製品の特長は大きく3つ。1つが『安全で確実な抗ウイルス・抗菌効果』。化粧品や日焼け止めにも使われる金属系抗菌剤による独自技術で、ウイルスを99%以上不活性化、99%以上の細菌増殖を抑える。2つ目が『抗ウイルス・抗菌・消臭の効果が半永久的に持続』。

抗ウィルス・抗菌のメカニズム

抗ウィルス・抗菌のメカニズム
画像クリックで拡大

そして、特に注目されている3つ目の特長が『きれいが長持ちする、清潔状態の維持』。金属系イオンの化学反応を利用して抗ウイルス・抗菌・消臭を行う同製品は、表面にウイルスや菌が吸着すると時間の経過とともにウイルスや菌が減り始め、なんと24時間で99%以上減らすという効果がある。

清潔度の維持に注目

清潔度を測定するのに、厚生労働省がHACCP(ハサップ)で推奨しているのが『ATP検査』。一般的に、検査で確認される測定値(RLU)が壁などで2,000RLU以下、金属などで500RLU以下となることを目標に衛生管理を行う。

藤田産業が、あるカラオケチェーン店でATP検査を行った結果、通常の壁のRLU数値が約13,000~16,000なのに対し、『VirlessTM』クロスタイプを貼った壁のRLU数値は、わずか18~310と大きな差が出ている。また、人の手のひらを測定すると、何もしない状態で計測したRLU数値59,746に対し、『VirlessTM』に手のひらを1秒触れただけでRLU数値が27,576と半減する結果となった。

カラオケボックスへの施工事例(写真赤枠内)RLU数値が低いほど清潔度が高くなる<br>

カラオケボックスへの施工事例(写真赤枠内)RLU数値が低いほど清潔度が高くなる
画像クリックで拡大

河野氏は「世の中では、拭き取りなどによる除菌・殺菌ばかりに注目していますが、店舗でも病院でも人が集まる場所では、掃除がそこで働く人達の大きな負担となっています。『VirlessTM』を活用すれば、スタッフの負担を軽減しながら清潔さも維持することができるのです」という。

『VirlessTM』は、フィルムタイプ・クロスタイプとも、どこにでも貼れて、剥がせる完全再剥離仕様で、プロの職人でなくても簡単に施工することができる。

プロの職人でなくても簡単施工で抗ウイルス・抗菌仕様になる

プロの職人でなくても簡単施工で抗ウイルス・抗菌仕様になる

飲食店や病院、事務所の壁面サインをはじめ、イベントブースや商業施設の装飾、鉄道やプラットフォームの交通広告など、今あるサインを『VirlessTM』に切り替えるだけで抗ウイルス・抗菌・消臭機能をスタンダードにできる。また、不特定多数が触れるロッカーや飛沫防止アクリル板の表面にフィルムタイプを貼ることで、ウイルス予防に役立つ。

カラオケ店をはじめ、飲食店、鉄道、ダンススタジオの壁など、既に多くの施設で採用されている『VirlessTM』。コロナ禍を乗り切る力強いアイテムとなりそうだ。

ダウンロード資料イメージ
【VirlessTMの詳細資料について】
ダウンロードはこちら
藤田産業株式会社 藤田産業株式会社
愛媛県松山市土居田町101 SD営業部
TEL:089–968–1914
FAX:089-968-1918
https://www.soleita.jp/

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.