> コラム > 電気代削減が大前提 様々なメリットをもたらす「自家消費型」の導入方法とは

電気代削減が大前提 様々なメリットをもたらす「自家消費型」の導入方法とは

環境ビジネス編集部 (PR)

多くのメリットを享受できるのは購入型現実的に導入しやすいのはPPA

そのほか、屋根に太陽光パネルを設置した場合は、日光が直接当たらない(遮熱)ことで建物内の温度低下が期待できる。外気温と内気温の差が小さくなることで空調機などの稼働を抑制できるため、電気代の削減にも寄与する。ただし、屋根に対して設置面積が50%以下の場合や既に断熱材を入れている場合の効果は限定的となる。また、工場立地法は、2012年の法改正で産業用太陽光発電を環境施設に含むようになった。そのため購入した場合は、同法の適用対象となるので、スペースの有効活用などのメリット(図3)を得られる。これらを勘案したうえで、池本氏は「自己資金がある場合においては、購入での導入が最適。電気代の削減効果が大きい、税制優遇を受けられる、契約のしばりがない、環境価値を自社でしっかり享受できるなど、一番多くのメリットを受けることができます」と総括した。

図3 導入別に得られるメリット(電気代削減以外)

図3 導入別に得られるメリット(電気代削減以外)

一方、Looopへの問い合わせ実績(図4)を見てみると、PPA 72%、購入25%、リース3%とPPAに関心を持つ事象者が多いことがわかる。PPAの優位性として、初期投資・ランニングコストが不要、アセットを保有する必要がない、補助金のメリットを一番多く受けられる、購入と比べて投資費用を抑えられるため社内承認を得やすいという点が挙げられる。一方、契約期間が長期間、設置条件を満たす必要がある、途中解約時に違約金が発生するなどのデメリットもある。

図4 Looopの対応案件(導入方法別)

図4 Looopの対応案件(導入方法別)

Looopは事業者が自家消費を導入する目的をヒアリングしたうえで、受電の電圧、電気料金の単価(契約プラン、割引率、再エネ賦課金の減免制度)、建物条件(築年数、屋根の形状や面積)、地域の特性(日射量、塩害・積雪地域)などを勘案し、最適な導入方法の提案を行う。池本氏は「2030年や2050年の野心的な目標の達成に向けて時間が限られているなかで、すぐにでも脱炭素経営に踏み出すべきだ」とし、すべての導入方法において豊富な実績を持つ同社であれば、ニーズに合わせた⾃家消費型太陽光発電により、全時間帯における再エネ支援が実現可能であると強調した。

ダウンロード資料イメージ
【資料ダウンロードはこちら】
ダウンロードはこちら
1 2
株式会社Looop 株式会社Looop
再エネ事業本部
自家消費事業部

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.