> コラム > 3月16日開催 エネルギー総合展「スマートエネルギーWeek 2022」

3月16日開催 エネルギー総合展「スマートエネルギーWeek 2022」

環境ビジネス編集部 (PR)

今年で18回目の開催を迎える世界最大級のエネルギー総合展「スマートエネルギーWeek2022」。本展示会の主催会社であるRX Japan株式会社に、展示会の概要と見どころ、コロナ禍における展示会の役割など、開催にかける意気込みについて聞いた。

カーボンニュートラル社会の実現に向けて

来る2022年3月16日(水)、新エネルギー技術が一堂に会する展示会「スマートエネルギーWeek2022」が開催される。会期は同月18日(金)までの3日間、会場は東京ビッグサイト。本展示会は今年で18回目の開催を迎える世界最大級のエネルギー総合展だ。

2005年に第1回FC EXPO(水素・燃料電池展)が開催されてから、のちに二次電池、太陽光発電、風力発電、バイオマス発電など新エネルギー分野の展示会を立ち上げ、世界最大級のエネルギー総合展として定着してきた。2021年9月には企業向けの脱炭素ソリューションを展開する企業が出展する、「脱炭素経営EXPO」も新規開催され、大盛況だったという。

本展示会を主催するRX Japan株式会社は、年間35分野94本の展示会を主催している日本最大の展示会主催会社だ。

RX Japan株式会社スマートエネルギーWeek/脱炭素経営EXPO 事務局営業責任者 小笠原 徳裕氏

RX Japan株式会社スマートエネルギーWeek/脱炭素経営EXPO 事務局営業責任者
小笠原 徳裕氏

同社スマートエネルギーWeek/脱炭素経営EXPO 営業責任者である小笠原 徳裕氏に、今回の展示会の特長や意気込みを聞いた。

「2005年に初開催してから、一貫して新エネルギーの普及拡大に向けて開催を続けてきました。2012年にFITがスタートして以来、新エネルギーを取り巻く環境は物凄いスピードで変化をしてきました。そして現在は、世界的な脱炭素・カーボンニュートラルの潮流が待ったなしに訪れています」

脱炭素・カーボンニュートラルの潮流において、真っ先に変革を求められているのがエネルギー業界。新たなイノベーションを生み出すためには、一企業だけで取組むのではなく業界全体が協力して取り組んでいく必要がある、と小笠原氏は強調する。

「リアルの場ならでは」の価値を提供

2020年から続く新型コロナウイルス感染症のまん延は、世界中の人々の生活や、経済社会に大きな打撃と変化をもたらした。ビジネスの現場ではあらゆる場面でオンラインツールが普及したことで移動にかける時間は減り、生産効率は向上する一方、顧客とリアルの場で接点を持てる場は激減した。

「オンラインが一般化したことはもちろん画期的ですが、ビジネスにおいてはオンラインだけでは完結しない場面も多くあります。そんな社会において、展示会という「リアルにビジネスの接点を持てる場」の価値がさらに上がっているように感じています。実際に、エネルギー業界全体がリアルに集まる場を提供していることに、感謝の言葉をいただくことも少なくありません」と小笠原氏は振り返る。

とくにエネルギー業界のビジネスは、打ち合わせのひとつひとつが非常に重要な役割を持つ。ユーザー側のメリットや導入のスケジュール、コストといったサービスの詳細についてはもちろん、サプライヤー企業の体制や担当者の雰囲気といったところまで知りたいという人は多いだろう。展示会では担当者とリアルタイムで接することができ、そして最新の製品や技術を目で見て肌で感じることができる。オンラインではなかなか伝わりにくいこういった部分こそが重要視されるのは、環境・エネルギー業界ならではといえる。

「例えば、現在普及が期待されている洋上風力発電ひとつとっても、風車製造のサプライチェーン構築、浮体式などの技術革新、送電網の敷設など実現に向けて解決すべき課題は多くあります。私たちは展示会というリアルに業界関係者が集まる場を提供し、各社の課題解決とビジネス拡大に貢献していきたいと考えています」(小笠原氏)

会場の様子(21年3月開催時)

会場の様子(21年3月開催時)

エネルギー業界の発展と
カーボンニュートラル社会の実現に貢献

「スマートエネルギーWeek2022」の特長はまず、数あるエネルギー業界の展示会の中でも、圧倒的な規模があることだ。2021年3月に開催した同展示会は、コロナ禍でありながら600社を超える出展企業、28,000名を超える来場者を記録した。今回の開催においては1,000社を超える企業が出展を予定しており、各社の展示内容も豊富なラインナップとなっている。来場者の多様なニーズに応えられると意気込む。

また、展示会と併催するセミナー講演も、経産省、環境省、三菱商事など業界トップ約200名の講師が登壇するという。スマートエネルギーWeekで得られる情報量は随一といっても過言ではない。

セミナー講師写真

セミナー講師写真

「変化のスピードが速い環境業界の潮流を網羅できるよう、コンテンツも常に拡充しています。今回の目玉である「脱炭素経営EXPO」は昨年9月よりもさらに出展ラインナップが増えるなど、会場まで足を運んでいただくのに十二分な魅力が勢ぞろいしています。時代のニーズを捉え、価値のあるコンテンツを作り、提供することで、よりよい社会づくりに貢献して参ります」

本展示会でしか得られない情報、出会えない縁があると、小笠原氏は自信を見せた。「スマートエネルギーWeek」「脱炭素経営EXPO」は2022年3月16日から18日の間、東京ビッグサイトにて開催される。(招待券申込で来場無料)

RX Japan株式会社 RX Japan株式会社
東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル18階
問合せ先
email:sew.jp@rxglobal.com
TEL:03-3349-8576
招待券申し込みはこちら
https://www.wsew.jp/ja-jp/lp-vis.html?kankyo0307

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.