使用後パソコンは捨てずに売却する時代に

法人で不要になったパソコンは、これまで廃棄費用を支払い、廃棄物として処理をするのが一般的であった。1,000台パソコンを保有している企業であれば、パソコンを入替えるタイミングで古いパソコンを廃棄するのに1台あたり1,000円、1,000台で1,000,000円の廃棄費用を負担していることになる。

フジテックスでは、使用年数や機種を問わず1台数百円から機種・状態によっては1台2万円以上で買取が可能である。1,000台のパソコンを1台1,000円で買取をした場合、これまで1,000,000円の廃棄費用がかかっていた企業は、逆に1,000,000円の売却費用を得ることができる。上場企業含め、業種問わず大手から中堅規模の企業において本サービスの利用が広まっている。

20220711_fjitex_003_595_4
▲画像をクリックすると拡大します▲

背景として、カーボンニュートラルやサーキュラーエコノミーといった環境配慮型経営の高まり、国際情勢に伴う資源高・インフレ・円安といった企業収益に大きな影響を及ぼす経済環境の変化がある。

フジテックスでは買取をしたパソコンを、データ消去、クリーニング、OSの再インストールを行い、リユース品としてBtoB向けに再販する製品と、分解して部品として再利用できるもの、非鉄金属など原料として再利用できるものに分けて、二次流通を促進させ、資源循環・環境配慮型経営を推進するための、静脈側のノウハウ・仕組みを持っている。それにより、これまで廃棄物として処理されていた製品の買取をすることが可能となった。企業は廃棄費用のコストダウンを行いながら、環境配慮型経営も推進できるという二重のメリットがある。

また、データ消去方法については、お客様のご要望に合わせて、ソフトウェア消去、磁気破壊物理破壊から選択でき、消去後はデータ消去証明書の発行も可能である。証明書にはデータ消去を行った担当者、消去方法、機種や型番、数量が記載され、消去時の立会いも可能である。

買取の流れについても顧客の負担にならないように配慮がされている。パソコンの導入から廃棄まで、一般的に情報システムの部門が担当しているケースが多い。しかしながら情報システム部は専門性の高いスキルを保有している人材が多く、パソコンの廃棄といった専門性を要しない業務ではなく、本来の専門性の高い業務に割り当てをしたいということが潜在的に強くある。つまり極力『手間』をかけたくないということである。

それに対応するために、当サービスでは、顧客へのヒアリング事項を最低限にしている。特に機種や詳細スペックに関する情報の集計・集約には手間と時間がかかるため、台数や回収する際の段ボールの数だけで、買取価格の査定・回収を行える体制にしている。回収についても顧客の要望が特段なければ、フジテックスで手配・回収を行うため、情報システム部の手間をかけたくないということに対応しながら、経営視点ではコスト削減、環境配慮経営の推進といったことにも寄与できるサービスである。

 

株式会社フジテックス 株式会社フジテックス
東京都新宿区大久保3-8-2
住友不動産新宿ガーデンタワー