> コラム > 進化する太陽光発電システム 接続箱・キュービクルでコスト削減【PR】

進化する太陽光発電システム 接続箱・キュービクルでコスト削減【PR】

環境ビジネス編集部

記事を保存

キュービクルの市場シェアトップクラスの河村電器産業。SI・EPCからの高い信頼を得る同社の納入実績は、産業用太陽光に本格的参入して以降、1000MWを超えた。その源泉は、顧客重視の絶え間ないイノベーションにある。今回は、同社の20A接続箱、キュービクル、新型キャビネットを紹介する。

太陽光発電部材にイノベーションが起きようとしている。

配電設備大手の河村電器産業が、大容量20A/回路の産業用接続箱を開発し、2014年2月に市場投入したのだ。10Aオンリーだった市場において、配線数、接続箱の設置数、工数を大きく節減でき、コスト、納期に大きな変化が起きることになる。

回路数が半減! 施工コスト圧縮、安定発電につなげる

20A接続箱の最大入力電圧は750Vとなっており、国内に流通するモジュールすべてに対応できる。加えて、一般にオプション扱いとなっている外アンカー固定金具も標準装備とし、ユーザビリティの向上が図られている。

太陽光発電に起こりうる機械トラブルの一つ、接続箱の不良に対しても大きく貢献する工夫が凝らされている。大きく分岐回路を4回路単位とし開閉器とダイオードのユニット化することで、接続点の不良を減らして品質の向上を図り、配線不良によるトラブルをなくしたのだ。また盤面寸法を小型化することで設置性や施工性もよくなり、敷地を有効利用することも可能となっている。

豊富な使用実績に基づくノウハウが蓄積されている河村電器産業ならではのオリジナルな工夫が詰まった新製品と言えよう。

大容量20A/回路の産業用接続箱
従来接続箱(10Aタイプ)の半分の回路数でOK。太陽光発電システムの低圧配電設備費を大幅に削減できる

従来接続箱(10Aタイプ)の半分の回路数でOK。太陽光発電システムの低圧配電設備費を大幅に削減できる

電流20A
最大入力 電流20A対応
1回路あたりの入力電流を、従来の10Aから20Aに容量アップ。回路数が1/2ですみ、設備費、施工費を大幅に削減することができる。
電圧750V
システム最大入力
電圧DC750Vに対応
従来の最大入力電圧DC600Vから750Vに使用範囲を拡大。全ての低圧区分の太陽光発電システムに対応が可能に。
設置外アンカー
外アンカー固定
金具を標準装備
従来品はオプション仕様の外アンカー固定金具が標準装備に。
河村電器産業 ソリューショングループ商品企画担当 水野 敦之氏

河村電器産業
ソリューショングループ商品企画担当
水野敦之氏

今回の開発の経緯について、河村電器ソリューショングループ商品企画担当の水野敦之氏は「太陽光発電システムの配電工事の省力化を考え、配線を束ねる発想から20Aの接続箱や結晶系モジュール並列ケーブルを開発しました。横型の直流集電箱も、施工の手間を省くと言うコンセプトから生まれています」と語る。

20A接続箱を用いれば、システムにより不要となる直流集電箱だが、河村電器産業ではこちらも刷新を行っている。形状も縦型に加えモジュールにより取り付けやすくなるよう横型を発売し、現場ニーズに柔軟な対応ができるラインナップとなっている。

これだけ多くの効果を持った20A接続箱だけあって、すでに数多くの主要メーカーが強い関心を示している。施工現場への導入が始まれば、一気に需要が伸びることが想定される。需要過多の太陽光市場とあって、20A接続箱も注文が増えればあっという間に納期が延びていくことが見込まれる。早いアプローチが必須だろう。

次ページ →太陽光発電システム配線図の無料提供も

【20A接続箱・キュービクルについて】
資料請求・お問い合わせ
1 2
河村電器産業株式会社
新規事業部 ソリューショングループ 東京事務所
〒141-0032 東京都品川区大崎5丁目10-10 大崎CNビル8階
http://www.kawamura.co.jp/electric/newproducts/new_pvh.php


記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.