> コラム > ヒト・モノ・コスト、工場省エネに貢献する意外なアイデア

ヒト・モノ・コスト、工場省エネに貢献する意外なアイデア

平成26年度省エネ大賞(一般財団法人省エネルギーセンター主催、経済産業省後援)の審査が現在、進行中です。今年度の応募総数は140件。書類審査を経て公開審査に臨んだのは省エネ事例部門35件、製品・ビジネスモデル部門37件の合計72件でした。今後、現地確認などを経て、来年1月に受賞事例が発表されます。

受賞候補事例35件が公開審査

公開審査は10月2日~3日(東京)、9日~10日(大阪)の4日間、開かれました。発表者には1事例当たり19分間の時間が与えられ、プレゼンテーションが14分間。残りの5分間は審査専門委員による質疑応答などに充てられました。

公開審査を4日間見たのは初めてですが、審査員からは多様な視点からの質問、時には厳しいコメントもあって、いろいろな意味で参考になりました。省エネ大賞 審査専門委員会 委員長は高村淑彦東京電機大学名誉教授です。

本記事では省エネ事例部門の公開審査で、印象に残った発表の概要、審査員のコメントなどを掲載します。第1回は工場を中心に掲載します。

なお発表日ごとに選考される優秀プレゼンテーション賞は以下の通りです(事例部門のみ掲載)。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 87 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.