> コラム > 発電事業で最も重要なのが、工事事業者の選定

発電事業で最も重要なのが、工事事業者の選定

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

発電事業を長期間、トラブルなく継続していくためには、プラント建設にかかわるような能力の高い電気設備工事事業者を採用すること。設計、工事、運用・管理に適正なコストをかけることが安全な運用を保証する。

不動産開発のノウハウを活用

この11月に北海道東部にある「いちご中標津緑ヶ丘ECO発電所」(出力1.93MW)が運転を開始しました。2013年8月、「いちご徳島東沖洲ECO発電所」(出力2.52MW)を開設以来、12ヶ所目の太陽光発電所になります。2018年2月までにさらに12基を建設し、総発電量が83MWに拡大する予定です。

運用・管理はEPC任せにはせず、電気設備工事の知識・ノウハウを持った担当社員が画像データを含んだストリング単位での遠隔監視により常時監視。トラブルが発生すれば、当社とEPC間で意見をすり合わせ、24時間以内に対処する体制を構築しています。

(※全文:1,520文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.