> コラム > 「グリーンパワー」で地方創生

「グリーンパワー」で地方創生

月刊事業構想編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

国は再生可能エネルギー活用を「地方創生」における重点分野の1つに位置付け、地方自治体や企業の取り組みを支援していく構えだ。まち・ひと・しごと創生本部のキーマンに、今後のビジョンを聞いた。

人口減少と地域経済縮小の克服に挑むため、国が総力をあげて挑む「地方創生」。2014年末には、今後5年間の施策を示した「まち・ひと・しごと創生総合戦略」が閣議決定され、いよいよ取り組みが本格化する。

この総合戦略の中で、地域産業の競争力強化の手段として掲げられているのが「分散型エネルギーの推進」である。豊かな自然を育む地方で、その豊富な再生可能エネルギー資源コジェネレーション(熱電併給)を活用して分散型のエネルギー開発・利用を推進することは、防災・エネルギーセキュリティ・雇用供給などさまざまな面からも重要な課題だと、総合戦略では表記している。

(※全文:2,221文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.