> コラム > 京橋(東京)の大企業13社がエリアエネルギーマネジメント構想で街づくり推進

京橋(東京)の大企業13社がエリアエネルギーマネジメント構想で街づくり推進

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

京橋地区で新たなエリアエネルギーマネジメントへの取り組みが始まる。京橋スマートコミュニティ協議会と東京電力エナジーパートナーが共同で行う、インセンティブを含んだエリアエネルギーマネジメントビジネスモデルだ。京橋スマートコミュニティ協議会事務局の岩谷正通氏に話を聞いた。

エネルギーマネジメントを点から面へ

京橋スマートコミュニティ協議会は、味の素、清水建設、鈴木三栄、東信商事、ぬ利彦など13社で構成する任意団体。

(※全文:1771文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.