> コラム > 英国/石炭火力は30%まで減少し、再エネ、原子力発電を積極的に推進

英国/石炭火力は30%まで減少し、再エネ、原子力発電を積極的に推進

環境ビジネス編集部

記事を保存

石炭で国を築いてきた英国では依然として石炭火力電源の比率が高いが、火力発電所へのCCS導入や、風力とバイオマスを中心とする再エネ電源開発により、低炭素社会実現を目指している。電力市場の見直しにより導入支援策も拡充しており、FIT-CFDなど新しい支援スキーム導入にも力を入れている。

(1)1次エネルギー国内供給

英国は、産業革命以来石炭をエネルギー源とし、1960~70年代は北海で石油・天然ガスを開発、80年以降はエネルギーを自給してきたが、2000年代以降生産量が激減、2004年からはエネルギー純輸入国となっている。

(※全文:1318文字 画像:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.