> コラム > ZEB化病院は省エネ59%大幅削減達成(前編)

ZEB化病院は省エネ59%大幅削減達成(前編)

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

医療施設は省エネで遅れている分野のひとつである。だが、医療法人飯田クリニック(福岡県大牟田市)は自ら省エネの必要性を掲げて、ZEB化した新病院を建設。一般病院に比べ6割もエネルギー使用量を削減した。その建設は地元事業者が中心となって強力に進めた。

地元事業者中心で透析クリニックの省エネに取り組む

その経緯を知らなければ、このZEB化病院は、大手企業が最新の技術、装置を駆使して造り上げた。そんな構図を多くの人たちは思い浮かべるだろう。しかし実際は全く違っていたのである。

施主は医療法人飯田クリニック。

(※全文:2344文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.