> コラム > 2030年までに累積導入量100GWを目指す

2030年までに累積導入量100GWを目指す

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

転機を迎える日本の太陽光発電市場は、今後どう変化していくのか。

太陽光発電協会(JPEA)の亀田正明事務局長は、3つの成長エンジンに期待し、2030年までに累積導入量100GWを目指す。

2012年7月、固定価格買取制度(FIT)が開始されて以来、日本の太陽光発電市場は急激な成長を遂げてきた。

(※全文:2897文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.