> コラム > モントリオール議定書 締約国会議 代替フロン規制の影響は?

モントリオール議定書 締約国会議 代替フロン規制の影響は?

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

日本では、パリ協定批准の件も、多少也とも影響しているのか、さほど報道をされていない印象ですが、ルワンダの首都キガリで10月10日から開催の『モントリオール議定書第28回締約国会議』(MOP28)は14日、エアコンや冷蔵庫などの冷媒に使われる代替フロンのハイドロフルオロカーボン(HFC)を段階的に生産規制することで合意しました。

日本も批准予定で、先進国は2036年までに生産量を85%減らすとのことです。そもそも、モントリオール議定書とはなにか?も含めてまとめてみました。

(※全文:2519文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ