> コラム > ISO14001 20年ぶりの大改訂をビジネスチャンスに生かす

ISO14001 20年ぶりの大改訂をビジネスチャンスに生かす

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

企業などの組織が、地球環境の負担を持続的に軽減していくために必要な事項をまとめた国際標準規格ISO14001が20年ぶりに改訂される。改訂をビジネスチャンスに変えるためには、何をしたら良いか。リスクマネジメントのスペシャリストである中川優氏にご寄稿をいただいた。(文・中川優)

ISO的な固定観念から目を覚ませ

読者各位に「いま最も重要と思われる地球環境問題は何か?」と問うと、「地球温暖化」との回答が最も多いのではないか。そして実務家になればなるほど「有害物質の流出」、「廃棄物の不法投棄」や「土壌汚染」など実際に環境影響を与える事態を指摘するだろう。

(※全文:2377文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

中川優(なかがわ・まさる)
中川優(なかがわ・まさる)
一般社団法人日本能率協会 ISO研修事業部 担当部長
青山学院大学経済学部卒、1984年凸版印刷㈱入社、1989年日本能率協会入職。以降一貫して環境経営、CSR、リスクマネジメントを中心に研修、講演、執筆、審査等で活躍。EMS主任審査員。石川県観光特使。
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.