> コラム > FIT法の改正により、未稼働案件への対応と長期安定発電を目指す

FIT法の改正により、未稼働案件への対応と長期安定発電を目指す

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

今回の改正により、未稼働案件の発生防止や、適切な事業実施の確保を図る観点から、新たな認定制度の基準として、(1)事業内容の適切性(運転開始後も含めて)、(2)事業実施の確実性、(3)設備の適切性、の基準を定めることとしている。

(※全文:1958文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ