> コラム > 埼玉県、大規模事業所の「目標設定型排出量取引制度」で、目標の3倍の22%を削減

埼玉県、大規模事業所の「目標設定型排出量取引制度」で、目標の3倍の22%を削減

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

埼玉県は県内の大規模事業所に対してCO2排出量の削減を義務付けた「目標設定型排出量取引制度」の第1計画期間(2011~14年度)で、目標の約3倍の22%(780万トン)削減した。

事業所の1割強は排出量取引を活用して目標を達成している。

(※全文:2253文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ