> コラム > 既存住宅流通・リフォーム市場20兆円規模を目指す

既存住宅流通・リフォーム市場20兆円規模を目指す

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

少子高齢化や人口減少で空き家問題などが深刻化するなか、国土交通省は平成28年3月、今後10年の住宅政策の指針として『住生活基本計画(計画期間:平成28年度~37年度)』を閣議決定した。同計画では成果目標として、「住宅ストックビジネスを活性化し、既存住宅流通・リフォーム市場規模を倍増、20兆円規模にすることを目指す」としている。

国の政策は『量』から『質』へ

日本の住宅市場は、戦後、住宅ストックが足りず、その確保を急ぐため、まずは住宅を建てるといった量の観点からスタートしており、新築住宅の着工については、昭和42年度に年間100万戸を超え、住宅ストック数が世帯数に対して充足した。

(※全文:2520文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.