> コラム > 農林水産省の2019年度概算要求まとめ 「森林環境譲与税(仮)」など

農林水産省の2019年度概算要求まとめ 「森林環境譲与税(仮)」など

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

農林水産省が取りまとめた2019年度予算概算要求は2兆7269億円で、2018年度当初予算額2兆3021億円の18.5%増。なかでも農林水産業・地域が持続的に発展するため、「国内外の需要拡大」「農林水産物の付加価値向上」「多面的機能の維持・発揮」「生産現場の強化」などをテーマに、農林水産業全般にわたる改革を着実に実行するための予算を計上したことが目立つ。

ロボット・AI・IoTなどの先端技術の導入を支援

2019年度概算要求予算は「構造改革」「水田フル活用と経営所得安定対策」「基盤づくりと『スマート農業』の実現」「輸出力強化と高付加価値化」「食の安全」「農山漁村の活性化」「林業の成長産業化」「水産業の成長産業化」の6つを柱とする。

このうち「スマート農業」の実現では、新規事業として「スマート農業加速化実証プロジェクト」に50億円を計上した。この事業では、農業の生産性向上、労働力不足など喫緊の課題の解決に向けて、ロボット・AI・IoTなどの先端技術を活用したスマート農業の全国展開を加速化するため、モデル農場における技術実証を支援する。

(※全文:2851文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.