> コラム > 出力制御は主力電源化への試練!?2018年10月の官公庁ニュース32件

出力制御は主力電源化への試練!?2018年10月の官公庁ニュース32件

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

九州電力管内で、出力制御がおきました。世耕経産大臣は『出力制御は主力電源化に必要不可欠』とのコメントを発表しました。

読者の皆様からの反応は、『他の電力会社でも同様の動きはあるのか?』という不安の声や、『九州では以前からあると言われていた。今まで起きなかったのが不思議なくらい』『想定よりも、小規模だった。全体の収支・シミュレーションから大きくずれるものではない。』 といった冷静な声も聞かれました。

この1か月では、北海道地震の影響もあり、災害に強い、安全なエネルギーインフラに関するニュースも、複数ありました。再エネも、主力電源という重責に求められる内容があがっていきます。

(※全文:5171文字 画像:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.