> コラム > 再エネの自立化には国際水準を目指した徹底的なコスト低減が不可欠

再エネの自立化には国際水準を目指した徹底的なコスト低減が不可欠

再エネの導入に伴うコストは、系統増強や調整力のコストも含めたトータルで評価するべきであるが、こうした状況も踏まえると、再エネを主力電源とするため、まずは自立化に向けて他の電源と比較して競争力のある水準まで発電コストを引き下げることが必須となる。

(※全文:690文字 画像:あり)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.