> > 富士電機・米GE 国内スマートグリッド戦略で協業、合弁会社設立へ

富士電機・米GE 国内スマートグリッド戦略で協業、合弁会社設立へ

記事を保存

富士電機ホールディングスと米ゼネラル・エレクトリック(GE)は、今後国内でも市場の拡大が見込まれるスマートグリッド(次世代送電網)において、コアとなるスマートメーターの開発・販売で提携する。両社が設立する合弁会社では、両社の技術力と専門知識、GEの事業展開力、富士電機の国内の製造拠点や販売網等を活用し、高品質でコスト競争力の高いスマートメーターの開発・製造・販売を目指す。

スマートメーターは、通信機能を持つエネルギー計測装置で、工場や家庭などに設置し、エネルギー使用量状況を「見える化」するもの。コンビニや工場などで省エネ対策を推進する機器としての利用が増えているほか、ITを活用し電力供給を最適に制御するスマートグリッドを構築する基本部品としても注目されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.