> > FNJ、首都圏のHEMS導入世帯でデマンドレスポンスの実証実験を開始

FNJ、首都圏のHEMS導入世帯でデマンドレスポンスの実証実験を開始

記事を保存

ファミリーネット・ジャパン(FNJ)の家庭用エネルギー管理システム(HEMS)「me-eco(ミエコ)」のデマンドレスポンスの実証実験 マンション向けサービスを提供するファミリーネット・ジャパン(FNJ)は、8月1日より家庭用エネルギー管理システム(HEMS)「me-eco(ミエコ)」の導入世帯において、デマンドレスポンスの実証実験を開始すると発表した。

首都圏において、同社が提供するHEMS「me-eco」を導入している約800世帯を対象にモニターを募集し、モニター登録が完了した世帯を対象に実施する。モニター登録受付は7月3日に開始。実証実験の期間は8月1日~9月28日。

本実証実験では、モニター世帯に対して、今夏、東京電力エリア内の電力使用状況に応じて、節電のお願いメールを配信し、節電を呼びかけるとともに、モニター世帯で実施された節電行動内容(定性データ)をアンケートとして収集する。それと同時に各世帯の実際の電力使用量(定量データ)についても「me-eco」で計測し、両結果を対比分析することで、節電行動と電力使用実態をより正確に把握し、実際の節電効果について検証する。これらにより、今後のHEMSの拡張性、デマンドレスポンスサービスの可能性について探る。

また、節電目標の達成やアンケート回答に対して、モニター世帯に対して、インセンティブとしてポイントを付与する。具体的には、1. 節電お願い時間帯に目標値を超えて電気を使わなかった場合(実験終了後)、2.節電行動についてのアンケートに回答した場合(毎回)、3. 目標値に対しての電力削減量に応じて(実験終了後)、ポイントを付与する。取得したポイントは同社が提供する生活情報リサーチサイト「TEPORE(テポーレ)」にて、商品券や図書券と交換することができる。

同社が提供する「me-eco」は、電気の使用量のほか、水道、ガス、太陽光発電などによるエネルギー状況も見える化することができる。また、目標値を超えるとメールで知らせる「アラート機能」や、外出先からでも家電のON/OFFを制御することができる「ホームオートメーション機能」など節電に実効性のある機能を備えている。これまでに5,500戸以上に導入されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.