> > 古河電工、EVと蓄電池を用いて電力ピーク抑制の実証実験、神奈川県から受注

古河電工、EVと蓄電池を用いて電力ピーク抑制の実証実験、神奈川県から受注

 印刷 記事を保存

古河電工は、EV(電気自動車)及び定置型の蓄電池を用いて、日中の電力ピークを抑える蓄電システムで、実証実験を開始すると発表した。本事業は神奈川県から「スマートエネルギーシステム導入推進実証調査業務委託」を受注して実施するもので、2012年8月1日から2013年3月末まで、海老名産業技術センター(神奈川県海老名市)にて実証実験を行う。

スマートエネルギーシステムは、夏場のピーク電力を抑制するとともに、契約電力の低減及び安い夜間電力を使用することによる使用電力料金の低減(160kWの15%カット)を目的としている。従来、EVを蓄電池と見立てて放電する時は、系統(商用交流ライン)から切り離していたが、今回は、業界で初めて、商用交流ラインと接続した状態でEVからの放電を可能とし、かつ複数の蓄電池をコントロールするシステムを構築する。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.