> > CEATEC AWARD 2012、ロームの車載用世界最小モジュールなどグランプリ受賞

CEATEC AWARD 2012、ロームの車載用世界最小モジュールなどグランプリ受賞

記事を保存
CEATEC AWARD 2012、ロームの車載用世界最小モジュールなどグランプリ受賞

10月2日~6日まで幕張メッセで行われた最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2012」において、今年の開催テーマ「Smart Innovation -- 豊かな暮らしと社会の創造」のもとに「CEATEC AWARD 2012」が実施され、各部門からグランプリ各1点と準グランプリが選定された。

多分野のプロダクツやシステムのスマート化を支える 「スマート・キーテクノロジ部門」においては、<グランプリ>に、ロームの「世界最小!自動車搭載用SiC IPM(Intelligent Power Module)」が選ばれた。

同製品は、ハイブリッドカーや電気自動車(EV)の車輪を回すモーターを制御するモジュール。従来のパワーモジュールの1/10以下のサイズに小型化を実現。使用しているSiC(シリコンカーバイド)は、世界最高性能の低損失を示している。安全性も含めて完成度が高い革新的製品であり、EV時代に向けた重要な技術として評価された。

<準グランプリ>には、村田製作所の「電動歩行アシストカー」、三菱電機の「PV・EV連携HEMS」が選ばれた。「電動歩行アシストカー」は、自転車型ロボット・ムラタセイサク君の倒れない技術を応用した電動アシスト機能付きの2輪歩行補助具。高齢化社会に向けた実用的かつ社会的意義の大きな技術として評価された。

「PV・EV連携HEMS」は、太陽光発電(PV)とEVを連携制御するPV・EV連携パワコンと、家庭内のHEMSを連携することで、平常時でも災害時でもエネルギーの最適利用を実現するシステム。家庭向けのトータルシステムとしての完成度の高さが高く評価された。

その他、受賞は以下の通り。

【プロダクツ&サービス部門】

<グランプリ>
 ・「84インチ4KTV」東芝
 <準グランプリ>
 ・「Ultrabook&ドコモタブレット」NEC/NECパーソナルコンピュータ
 ・「EV パワーステーション/ホームパワーステーション」ニチコン

【ネットワークテクノロジー部門】

<グランプリ>
 ・「緊急公助ワイヤレスソリューション」NEC
 <準グランプリ>
 ・「スマートセンシングプラットフォーム(SSPF)」富士通

【次世代イノベーション・キーテクノロジ部門】

<グランプリ>
 ・「CIGS イメージセンサ」ローム
 <準グランプリ>
 ・「マルチモーダルコマンダ」アルプス電気
 ・「電化道路電気自動車EVER のためのタイヤを介した電力伝送」豊橋技術科学大学

【審査員特別賞】

・「84V型4K対応液晶テレビ「ブラビア(KD-84×9000)」ソニー/ソニーマーケティング

【メディア投票部門】

・「Smart INSECT」トヨタ自動車

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.