> > デンソーとシャープが協業 車載機器と家電の技術を融合し開発・商品化へ

デンソーとシャープが協業 車載機器と家電の技術を融合し開発・商品化へ

記事を保存

デンソー(愛知県)とシャープは、車載機器技術に家電の先端技術をユーザー志向で融合させることにより、両社で車の快適性、安全性、利便性を向上させる新たな価値創造を目指した協業を推進することで合意した。協業のテーマは、主として車における乗員及び車室内の快適性の創造や、家や家電との協調を始めとする技術開発・商品化等を想定しているが、具体的な内容は、今後、両者で協議を進めていく。

同時に、両社の信頼関係を構築し、同協業をより確実に推進するため、デンソーがシャープの発行する株式を引き受ける旨を内容とした株式引受契約を締結した。シャープ株式の取得は25億円を予定。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.