> > パナソニックのニッケル水素電池、新型軽自動車の回生システム用に搭載

パナソニックのニッケル水素電池、新型軽自動車の回生システム用に搭載

記事を保存
パナソニックのニッケル水素電池、新型軽自動車の回生システム用に搭載

パナソニックは、同社の車載用ニッケル水素電池を用いた「12V エネルギー回生システム」が、日産自動車と三菱自動車が2月13日に発売した新型軽自動車のアイドリングストップ車に採用されたと発表した。

採用された車種は、日産自動車と三菱自動車の合弁会社であるNMKVが企画・開発した新型軽自動車、日産自動車「デイズ ルークス」および三菱自動車「eKスペース」。

環境意識の高まりを背景に、自動車の燃費改善に向けてハイブリッド車(HV)などの環境対応車に加え、アイドリングストップ車の普及が拡大している。しかし、アイドリングストップ車は、エンジン始動時だけでなくアイドリングストップ(エンジン停止)時もエアコンのファンなどの電力を全てバッテリー(鉛電池)から供給するため、バッテリーの使用頻度が高くなる。

「12V エネルギー回生システム」

同システムでは、減速時のエネルギーで高出力のオルタネーターを回転させ発電し、効率よくバッテリー(ニッケル水素電池)に充電し、車内の電装品に給電することで、燃費向上やメインバッテリーとなる鉛電池の長寿命化に貢献する。

また、鉛電池の電圧に合わせた12V設計とし、高温特性を高めたニッケル水素電池セルを採用。変圧器が不要で、制御・冷却システムなどの簡略化ができる点などが評価されて、今回の採用に至った。

同社は、環境対応車用のリチウムイオン電池、ニッケル水素電池の開発と事業を強化している。既にグローバルで複数の自動車メーカーの電気自動車、プラグインハイブリッド車、HVに供給実績がある。車載用ニッケル水素電池は、極板の焼結技術(金属ニッケル粉末を高温で焼成し、多孔質で強固なニッケル基材を作製する技術)など独自の生産技術により、耐久性に優れ、長期にわたって高い充放電能力を維持できるのが特長。また、個々の電池能力を最大限に引き出す電池制御も含めたシステム化技術にも長年の実績を有する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.