> > パナソニックのニッケル水素電池、新型軽自動車の回生システム用に搭載

パナソニックのニッケル水素電池、新型軽自動車の回生システム用に搭載

 印刷 記事を保存

パナソニックは、同社の車載用ニッケル水素電池を用いた「12V エネルギー回生システム」が、日産自動車と三菱自動車が2月13日に発売した新型軽自動車のアイドリングストップ車に採用されたと発表した。

採用された車種は、日産自動車と三菱自動車の合弁会社であるNMKVが企画・開発した新型軽自動車、日産自動車「デイズ ルークス」および三菱自動車「eKスペース」。

環境意識の高まりを背景に、自動車の燃費改善に向けてハイブリッド車(HV)などの環境対応車に加え、アイドリングストップ車の普及が拡大している。しかし、アイドリングストップ車は、エンジン始動時だけでなくアイドリングストップ(エンジン停止)時もエアコンのファンなどの電力を全てバッテリー(鉛電池)から供給するため、バッテリーの使用頻度が高くなる。

(※全文:910文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.