> > アウディの新型「A8」、「A8 L」 「マトリクスLEDヘッドライト」採用

アウディの新型「A8」、「A8 L」 「マトリクスLEDヘッドライト」採用

記事を保存
アウディの新型「A8」、「A8 L」 「マトリクスLEDヘッドライト」採用

アウディ ジャパンは、新型Audi「A8」「A8 L」を発売した。「A8」は、2010年に登場したアウディのフラッグシップモデルで、ロービーム用のLEDと25個の小さなLEDからなるハイビームユニットで構成される「マトリクスLEDヘッドライト」を採用したのが特長。

このヘッドライトは、ハイビーム時にカメラでセンシングを行い、必要に応じてLEDを個別に点灯・消灯することで、対向車や先行車の視界を妨げることなく、正確に路面を照射することが可能。昼光に近い照明を実現し、エネルギー消費が少なく、耐用年数も長い。

価格は、「A8」が970万円~1,240万円、「A8 L」が1,370万円。なお、「A8 L W12」と「S8」は5月8日に発売予定。価格は、「A8 L W12」が2,085万円、「S8」が1,620万円。

「A8」「A8 L」のパワートレインは、スーパーチャージャー付きのV6 3.0 TFSI、ツインターボのV8 4.0 TFSI、自然吸気の6.3L W12FSI、そして2.0 TFSIに40kW(54ps)と211Nmを発生する電気モーターを組み合わせた hybridが標準モデルとしてラインアップされている。4.0 TFSIに加えてW12エンジンにもシリンダーオンデマンドシステム(COD:気筒休止システム)を搭載。これらのエンジンには、多段化により燃費向上に寄与する8速ティプトロニックトランスミッションが組み合わされている。

「S8」は、よりパワフルな最高出力520ps、最大トルク650Nmを発生する「4.0 TFSI V8エンジン」と「8速ティプトロニック」の組み合わせとなっている。こちらも気筒休止システムや、スタート ストップシステムのほか、エネルギー回生システムなどの採用で、高性能と高効率を両立している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.