> > CIS系薄膜太陽電池、セルの変換効率が22.9%に

CIS系薄膜太陽電池、セルの変換効率が22.9%に

 印刷 記事を保存

ソーラーフロンティア(東京都港区)は、NEDOプロジェクトにおいて、CIS系薄膜太陽電池のセル(約1平方センチメートル)で、薄膜太陽電池全体の世界最高記録となる変換効率22.9%を達成した。この変換効率は、2017年11月に産業技術総合研究所(AIST)において確認された。

この成果は、CIS光吸収層の改良や光吸収層表面処理の改善などの技術によるもので、2017年1月に同社が同セルサイズで達成した世界最高記録21.7%を1.2ポイント更新した。また、今回の値は、ドイツのバーデン・ヴュルテンベルク州太陽エネルギー水素研究センター(ZSW)が2016年2月に達成した0.5平方センチメートルセルでの世界最高記録(22.6%)も0.3ポイント上回り、これまでに計測されたすべてのセルサイズの中で世界最高変換効率となった。

(※全文:765文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.