> > NEDO、最新の省エネ技術開発の調査・検討を行う企業等の公募を開始

NEDO、最新の省エネ技術開発の調査・検討を行う企業等の公募を開始

記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、「新たな省エネルギー技術開発に向けた現状調査および課題検討」の実施者の公募を開始した。

この調査は、「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」で対象とする幅広い分野の技術開発に対して、支援状況・技術開発動向などの現状調査を行い、省エネルギーポテンシャル量の評価などを考えた上で、省エネ社会の実現に資する重要かつ緊急性の高い省エネ技術について技術的な課題などの検討を行うことを目的としたもの。

対象者は企業(団体等を含む)、大学等。公募期間は7月18日まで。公募に伴い、7月8日に新エネルギー・産業技術総合開発機構(神奈川県川崎市)にて説明会を開催する。出席希望の企業等は7月7日までに申し込みが必要。

調査内容は、(1)特定技術開発分野の調査・検討、(2)特定技術開発分野における個別技術の検討、(3)委員会・技術領域別委員会の設置、運営、(4)省エネルギー技術に関する最新の技術動向調査。調査期間はNEDOが指定する日から2015年3月25日まで。予算額は2,000万円以内。

具体的には、(1)特定技術開発分野の調査・検討においては、「省エネルギー技術戦略」に定める重要技術・主要関連技術を中心に、特に重要度が高く、緊急性の高い省エネルギー技術開発分野(特定技術開発分野)の検討を行う。調査にあたっては、技術開発の進捗状況や重点化すべき分野などについて、幅広く有識者の意見を聴取する。検討にあたっては、当該技術開発の目標設定や省エネルギーポテンシャル評価などを行い、同分野の選定に係わる要件を整理した上で、絞り込みを行う。

(2)特定技術開発分野における個別技術の検討においては、(1)の調査・検討等を踏まえて、個別技術について各々の課題を整理し、中長期的な目標設定の検討を行う。あわせて技術開発推進にあたっての各種障壁について意見収集を行い、その解決に向けた提言等を取りまとめる。

【参考】
NEDO - 「新たな省エネルギー技術開発に向けた現状調査および課題検討」に係る公募について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.