> > 環境省、省エネ照明の技術セミナー開催 ETV事業の説明も実施

環境省、省エネ照明の技術セミナー開催 ETV事業の説明も実施

記事を保存
環境省、省エネ照明の技術セミナー開催 ETV事業の説明も実施

環境省は、8月25日に「省エネルギー照明技術の研究・実証動向」に関するセミナーを開催する。

本セミナーは、平成26年度環境技術実証事業 地球温暖化対策技術分野(照明用エネルギー低減技術)の実証対象技術の公募に当たり、本技術分野の実証申請方法の説明に加え、環境技術に関連する政策動向や学識者による研究動向の紹介を含めたセミナーとして、実施するもの。なお、実証対象技術の公募は8月中旬以降に開始する予定。

環境技術実証事業(ETV事業)は、環境技術の開発者でも利用者でもない信頼できる第三者機関が環境技術を実際の現場等で実証し、その結果を環境省ウェブサイト等で広く公表することにより、環境技術の普及を支援するもの。

本事業の地球温暖化対策技術分野(照明用エネルギー低減技術)では、反射板や拡散板等をはじめ、日常業務又は日常生活に求められる光環境の実現に必要なエネルギー消費量の低減に資する技術を幅広く対象として実証試験を行っている。

セミナーの概要

タイトル

「省エネルギー照明技術の研究・実証動向」

開催日時

8月25日(月) 13:30~16:15まで(13:00開場)

開催場所

日本橋社会教育会館 8階ホール

定員

100名(要事前登録)

参加費用

無料

主催

環境省(運営:一般財団法人建材試験センター)

プログラム内容(予定)

  1. 環境技術実証事業の概要と今後の展開
  2. 建築のゼロエネルギー化に向けた照明の課題
  3. 昼光照明を支える要素技術
  4. 昼光導入の際の室内照度予測方法とその効果 ― 光拡散型天窓の事例 ―
  5. 実証試験結果報告書による性能の確認方法および本年度の実証申請について
  6. その他、質疑応答

申込み方法

セミナーに参加を希望する場合は、8月19日(火)までに申し込む。申込み方法等の詳細については、実証機関のウェブサイト(※記事末尾)を参照のこと。

環境技術実証事業は、既に適用可能な段階にありながら、環境保全効果等についての客観的な評価が行われていないために普及が進んでいない先進的環境技術について、その環境保全効果等を第三者が客観的に実証することにより、環境技術を実証する手法・体制の確立を図るとともに、環境技術の普及を促進し、環境保全と環境産業の発展を促進することを目的として実施している。

【参考】
環境省 - ETV事業 地球温暖化対策技術分野(照明用エネルギー低減技術)セミナーの開催について
建材試験センター - 地球温暖化対策技術分野(照明用エネルギー低減技術)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.